スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めまして~Mちんからの手紙~

再び、Mちんからの手紙が届きました。
青文字がMちん、赤い文字がかかさんが書いたものです。


まだ私が学生だった時、
学校の先輩を通じて生全寺のボランティアに参加させて頂いたのが私とさるこの庵の始まりでした。


学校の休みを利用して他のメンバーと一緒に現地へ。
最寄り駅まで迎えに来て下さったのがVOTのララクナさん。
そして現地でかかさんと出迎えてくれたのが、さいとうさんでした。


あいさつも済んで早速、仕事に取りかかろう!と言う時に、
いきなり私の足首に噛み付いたのが、ちょび子(笑)。



【上から:和顔(故)・ちょび子・ちょびばば(故)】
wagan_cyobiko_cyobibaba.jpg
玄関付近につながれていたちょび子は、知らない人間が次々に来るのが怖かったみたいで、
とりあえず、一番近くに居た私がターゲットに・・・・
かかさん以外の人間と接触する機会の少なかったわんこ達には仕方ない事。


第一印象があまり良くなかったちょび子。


しかし、その後もごはんタイムのバトルへと続くのでした(笑)



【補足】
Mちんの3年先輩の学生さん達が来てくれた時も、
ちょび子は噛みまくっていた様です。

さすがドックトレーナー課の学生さん達で
「わんこにはよくあること」
と、私が気にしないように気を使ってくれたみたいです。


後で聞きました。


【2008年撮影:かか団子(左)・ちょび子】
kakadango_chobiko2_2008.jpg
そんなちょび子も今もって落ち着きに欠けます(笑)。
されど毎日、毛布は両手で「おちょうだい」します。
そして、かか団子の毛布どろぼうもします。


ちょび子に噛み付かれた学生の皆様も、もう立派な社会人になられたことと存じます。
あの頃、皆様が励まして下さった日々は、庵の子達もかかである私も、とても大切に思っています。
このバをお借りして庵一同よりお礼を申し上げさせて頂きます。


「有難うございました!」

関連記事
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。