スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェット&ドライフード それぞれの役割

以前、掲示板上で書いたものに修正を加えました。
フード選びの参考にしていただければ幸いですm(_ _)m


【茶だいこ:2009年1月撮影】
cyadaiko0901.jpg


庵頭数の多い庵では、
犬猫共に全ての子が充分食べるだけのウェットフードはとても用意出来ない事もあり、
「ドライフード=体調管理用」
「ウェットフード=食欲増進用」

と、使い分けをしています。そして、健康管理用のドライフードのみ
「可能であればプレミアムフードで・・」
と、お願いさせて頂いています。


プレミアムフードをお願いする理由は、
【普段食べる食事の質を上げる事が、病気予防&医療費削減に繋がる】
と考えているからです。
実際にプレミアムフードを食べさせるようになってからは、
以前は粘液交じり、軟便、色が悪かったような庵の子達の便の状態が
格段に健康なものに変わり、お陰で医療費も随分減りました。


アイムスやサイエンスダイエットをお願いしているのは、

・同じ銘柄の方が体調管理を行ないやすい
・プレミアムフードの中では一番安く、手に入りやすい


と、いう理由からで、
庵の子達の健康維持、医療費削減をしつつ、皆様に出来るだけ負担を掛けないようにと
現地が考えた結果のお願いです。
(猫用にアイムスをお願いしていたのは、サイエンスダイエットよりも小粒な為、
口内炎の子でも食べやすいからという理由もあります。)


その反面、食欲が落ちた子の場合はこれらのフードより
「銀のスプーン」「懐石」「シーバ」を好む事もあります。
おそらく嗜好性が高いのだと思います。



【てぷりん太郎:2009年5月撮影】
tepurin_0905.jpg


最初に書きましたが、
ウェットフードは食欲増進の目的で使う事がほとんどです。
犬達は全員の個別の皿を使用している為、それぞれの食事に混ぜていますが、
猫達は犬に比べてはるかに頭数が多く、個別の皿ではなく大皿に食事を盛っている為、
主に食欲の落ちた闘病中・高齢の子に優先的に食べさせています。


そんな猫達の中には、
昨日までとは急に違う味を欲しがるようになる子が頻繁にいます。
腎臓病を患う場合などは嗜好が次々と変わる事が多いのと、
口内炎の進行状況によっては、より柔ら内ものを欲しがるようになるからです。
その為、庵では常に様々な種類・形状・味の缶詰及びレトルトを必要としています。
成猫用、高齢猫用、ムース、スープ、テリーヌ状、スナック等、
種類は多いほど嬉しいです。


上記の理由から、ドライフードに関しては
・健康な子は、病気予防(=医療費削減)になるプレミアムフードを食べさせたい
・食欲が無い場合は、プレミアムフードに拘らず、食べられるものを食べさせる


ウェットフードに関しては
・味、種類の数が多いほど嬉しい
と、いう事でご支援のお願いをさせて頂いています。



【お山のうりうり君(チューリップ組):2009年7月撮影】
uriuri0907.jpg

【お山のうりうり君:2009年4月撮影】
過去に顎を骨折し、「一生ドロドロのものしか飲めないだろう。」と、言われましたが、頑張って治療したお陰で、水でふやかして柔らかくしたドライフードを食べられるようになりました。
uriuri0904.jpg


「本人が、自分の口で食事出来る事」


これが、庵が一番に考えている事です。
食欲は生きる力だからです。
便の状態を良くしたり、病気の予防を考えるのは、その次の話になります。


そんな理由から、「○○用の××が必要です」といった明確な指定が無い場合は、
必ずしもフードはこれで無ければいけないという事はありません。
支援する方が一番送りやすい品を送っていただけると嬉しいです。
頭数の多い庵では、どんな大袋でも酸化する前に全て消費してしまいますし、
どの味も誰かしら喜んで頂きます。



【(左から)ぱんこんだ・もおお・みにらごた君:2009年7月撮影】
「ごはんはまだ?」食事待ち中の梅組の男の子達
pankonda_moo_miniragota.jpg


庵は確かに緊急事態です。
しかし庵の窮乏は今に始まった事ではなく、
また、この状況は庵の子達が居る限り今後も続きます。


無理な支援は長くは続きません。
「出来る事を、無理なく出来る範囲で」
を、モットーに、
ご自身の歩くペースに合う範囲で、
長く庵の子達を見守っていただけますようお願い致します。m(_ _)m



----------------------------------------------



アイムスの猫用ドライフードが一部長期欠品になるという情報を有難うございました。
その間は在庫のある分、もしくはサイエンスダイエットを中心に
ご支援いただけますよう宜しくお願い致します。
関連記事
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。