スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雨による被害状況

昨日もお伝えしましたが、今回の大雨は各地で避難勧告が出される程の状態だったにも関わらず、庵においては梅組で若干雨漏りがあっただけで大きな被害はなく、無事に乗り切る事が出来ました。


ただし、庵がある土地はこの辺りでは一番低い位置にある事から、わあわあ広場をはじめとする「地面部分」は未だ水溜りの状態です。水が引いて、地面が乾くまでにはもうしばらく時間が必要であり、付近からあふれ出した汚水が混ざっている事から、水が引いた後も衛生状態に不安が残ります。
「いつか、わあわあ広場に近隣の汚水が流れ込まないように地盤の工事をしなければ」と、いう課題も浮き彫りになりました。


【2004年 台風による被害~わあわあ広場~】
typhoon16-4.jpg


今から6年前、庵の付近は大型の台風に見舞われた事がありました。
当時、わあわあ広場には吹き飛ばされたモノが散乱し、物資庫は半壊、梅組の床は猫が下りる場所が無い程水浸しになり、人手も資金もない庵がその被害から完全に立ち直るのに2年余りの月日が必要でした。


今回、2004年のような酷い状況にならずに済んだのは、2006~2007年にかけて天井及び屋根をはじめとして設備の修理を行なえたお陰であり、それを応援してくださった皆様のお陰です。あの時工事を行なっていなければ、今回庵はどうなっていたかわかりません。

皆が無事に大雨をやり過ごせた事を、この場をお借りして心からお礼申し上げます。
本当に有難うございました。
関連記事
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。