スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mちんからの手紙

元:現地スタッフのMちんが、HP掲載用に手紙を書いてくださりました。
6月上旬に庵を訪問して下さったそうです。


【やがかか:梅組】
yagakaka0902.jpg


6月上旬、久しぶりに庵を訪問しました。
早速、笑顔で出迎えてくれたかかさん。最近は悲しいニュースや気が抜けない子が多いと聞いて心配していましたが、とりあえず一安心です。



【さるぎり君:梅組】
sarugiri090918.jpg


ケアルーム(=梅組)で「やがかか」と「さるぎり君」に点滴しながら昔話。
当時、大変だった事も今では笑い話です。
県外の病院へ通い詰めた事、一度に何十人も病院へ行った事、不幸にも庵へ置き去りにされてしまった子が後を絶たない事など・・・
本当にもうダメかもしれないと思った事は何度もありました。それでも今、こうして庵で再び笑って居られる事を思えば、乗り越えて来たのだからまだまだ頑張れるはず!と、前向きになれます。そして、いかに多くの方々の善意の気持ちに支えられているかと実感しました。



【大悲(だいひ)】
daihi0908_2.jpg


少しでもお手伝いしようと、ここからはわんこ達のシャンプータイム。
まず、一番は「大悲(だいひ)」。
最初から難航・・・全く落ち着きのない大悲はシャンプー中も、ドライヤーで乾かす時も、ブラシかける時も、とにかく動く、動く、動く・・・。おまけに栄養状態が非常に良好な為、少々重量オーバーしています。ありあまるパワーと体力を存分に使ってようやく終了。

---------------すでに私はボロボロ(泣)---------------



【こんこちゃん】
konko0909.jpg


続いては「こんこちゃん」。毛も短いし、いつも「ぽんこちゃん(故)」の後についていた控えめな性格で、こちらは順調に進みます。こんこちゃんも、多分シニア組(※高齢者の仲間入りの意味:さいとう) 。全体的に白っぽくなった気がします。


【くまさん太郎】
kumasan_oshiire0909.jpg


次は「くまさん太郎」。くまさん太郎は基本的にフレンドリーですが、大きな物音や慣れない状況では少々パニック気味になってしまいます。
大丈夫かなぁと思いながらもスタート。
思ったよりスムーズに進みました。
しかし、ドライヤーにはビビッてしまい、何度も脱走しようと柵に飛び掛ります。丁度夕飯の時間だったので、早くマイルームに戻りたい様子。なだめてようやく終了。
一目散に走ってごはんタイム



【ばばこ(右)~まかきゃらあ(左)と一緒に~】
maka_babako0904.jpg


「ばばこ」もシャンプーしたかったけど、すでに体力と時間が限界だったのでブラシのみ。
ばばこは老けない。いつもニコニコ、しっぽフリフリ美人さんです。



【赤団子太郎(=赤太郎)】
akatarou0904.jpg


元・同居人(?)の赤太郎と梨利子ちゃんとも再会。
※現役時代、Mちんは自室にこの二匹を連れて帰って、夜もお世話をして下さりました:さいとう

赤太郎のおしっこしぼりも久しぶりに挑戦。ちょっと痛かったかな?
梨利子ちゃんはやっぱり甘えん坊。お母さんだけど、やっぱり甘えたい時あるもんね?



【梨利子(りりこ)ちゃん】
ririko_200407.jpg


庵の中には薬、点滴のチェック表や、注意事項を書いた紙が貼られ、数時間ごとに各部屋の温度チェック&調整が徹底されていました。シニア組が増えて、これからの季節、体への負担も大きくなります。少しでもみんなへの負担を減らして快適に笑顔で過ごせる様にと、かかさんとスタッフの心意気の表れだと思います。


今日も庵はみんなの笑顔で一杯でした。
たくさんの方々の温かい気持ちのおかげです。
どうかこの笑顔がくもることなく過ごせる様、出来る事から努力していこうと思います。
関連記事
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。