FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかさんと私

以前、庵のスタッフとして働いてくれていたMちんが、
今から4年程前、10数年ぶりでかかさんが里帰りした時の思い出を綴って下さりました。
青文字はMちん、赤文字はかかさんのメッセージです。


2006年撮影:Mちんと赤団子太郎
M_akatarou0604.jpg




ある日、かかさんがポツンと言った言葉。
「てんちゃん、すっかりお母さんになっちゃったね。 
 早くお姉ちゃんに戻してあげたい。」
当時、かかさんはみんなの命を守る為、必死でした。
その為、さるこの庵を離れている時間が多くなりました。


外に出て働くお父さん = かかさん、
みんなの日常を守るお母さん =私。


でも、求められるのはこれだけではありません。


良い事、悪い事を教える先生、
病気や怪我の治療をする看護婦、
年齢に伴う不自由をおぎなう介護士、
さらに一緒に成長する仲間、
最後の時を見送る家族、


これらの全てが必要です。
かかさんは一体、どれだけの間、この責任を一人で抱え込んでいたのでしょうか?
いつも、わぁ・にゃあ・私の事を心配して自分の事は二の次でした。



初代ぶうぶう号に乗る茶々(犬)&うる(故・猫)
uru_cyacya_2006.jpg


それでも、ある日かかさんから里帰りの話。
「私一人で大丈夫だろうか?」
と、不安だったけど、始めてかかさんが口にした
「茶々と一緒にぶうぶう号で帰りたい。」
という願いだけは絶対叶えてあげたいと強く思いました。


いつも一人で精一杯頑張っていたかかさん、
少しは私も役に立ったかな?


私がさるこの庵でスタッフとして働く事ができたのも、かかさんが免許を取り、車を運転することができたのも、全てご支援あってのことです。かかさんの里帰りはみんなの願いや努力が「形」としてではなく、「夢の実現」という何より嬉しい結果として現れたものだと思います。
本当に有難うございました。



---------------------------------------------



以上は、以前、共に庵の子達を守ってくれていたMちんが、HPの更新に役立てば・・と、自主的にノートに書き綴ってくれたものです。先週、梨利子ちゃんのガンのその後を心配してお見舞いをかねて寄ってくれました。
離れていても変わりなく庵の子達のことを思ってくれる彼女の思いに涙しました。その日は実はずっと、Mちんからこの前手紙を頂いたことの返事を考えていて、なんとなくMちんのことを頭にうかべることが多かったので、びっくりしました。



2007年撮影:じゅじゅのベランダから見た物資庫
busshiko0707.jpg


物資庫に物資が1つも届かない日が続いて
(こういう日の私は肩が落ちます。世間から見捨てられた様で・・・)
3日目か4日目、もう真っ暗な時刻に車が止まったので、
「郵便屋さんだ!やった!」
と、電気をつけたらMちんでした。


梨利子ちゃんのダーナーさんでもある彼女に、
「今のところ大丈夫だよ」
と、カーラーをした写真を送ろうと思って、カーラーを外さず、
でも、人手の減で写真を撮ったりの時間も無く、
Mちん心配しているだろうな。と思っていた矢先・・・。



いろいろな人のあたたかい思いを導くことのできる動物たちに乾杯。



【補足】
この時、一泊二日の強行軍でしたが、
10数年ぶりに実家に帰れて両親の顔を見ることが出来ました。
Mちんと庵との御縁があればこその出来事でした。


そして長い間、御支援くださり、応援して下さる皆様へ
感謝の思いがまた募ります。



二代目ぶうぶう号に乗る茶々
cyacya0612.jpg


2001年撮影:元気な頃の「うる」
uru_2001.jpg


2006年撮影:うる
uru2006_3.jpg


PS:この時は(故)うると、ちゃちゃを連れて行きました。
スポンサーサイト

仲良しの挨拶

チューリップ組で暮らす「もうすけさん(男の子)」と「ピッケロ(女の子)」。
mousuke_pikkero_1.jpg

最初は「ピッケロ」から。 ・・・・・チュッ
mousuke_pikkero_2.jpg

そして「もうすけさん」のお返し。 ・・・・クンクン
mousuke_pikkero_3.jpg

ハムハム・・・
mousuke_pikkero4.jpg

ペロペロ・・・
mousuke_pikkero_5.jpg

今月の成果状況(11月6日時点)

2010年9月の確定ポイント(11月10日頃付与)

・ポイント(確定) 15,356 ポイント

※先々月に発生し、今月10日頃に付与された確定した成果報酬をご報告します。



11月の成果状況(11月6日時点)
・ポイント(未確定) 2,770 ポイント
・売上げ金額 243,815 円
・売上げ件数 51 件
※成果状況は今月(11/1~11/6)の成果報酬(未確定)です。確定した成果ポイントのみ2011年1月10日頃に付与されます。未確定ポイントは、確定するまでにキャンセル等で減ったりする可能性があります。

今月の料率ランク(2010年11月15日~2010年12月14日まで)
・料率ランク B ランク

料率ランクとは、毎月の売り上げ合計金額によって設定されるランクです。このランクが上がることで、売り上げ金額から付与されるポイントも変化(=増加)します。
引き続きBランクです。いつも利用して頂き、本当にありがとうございます。

ご利用頂いたショップの一覧(確定164件、未確定1件)をご覧になるには、左下の続きを読むをクリックして下さい。

続きを読む

緊急手術~梨利子(りりこ)ちゃん~

現地から近況が届きました。

--------------------------------------------------------------



先週木曜日(10/28) : 梨利子ちゃんの脇腹に「 しこり 」を発見!


金曜日(10/29) : 病院へ。
しかし、通院から帰ってきたら「 しこり 」の大きさも感触も、
昨日とは違うくらいに変わっている。
先生からも「あまり良いものではないので、早めに取った方が」と
アドバイスされたので、


土曜日(10/30) : お昼から緊急手術をしてもらう。


手術は成功し、術後の経過は良好です。


ririko200407.jpg
梨利子ちゃん 頑張れ!

ウェット&ドライフード それぞれの役割

以前、掲示板上で書いたものに修正を加えました。
フード選びの参考にしていただければ幸いですm(_ _)m


【茶だいこ:2009年1月撮影】
cyadaiko0901.jpg


庵頭数の多い庵では、
犬猫共に全ての子が充分食べるだけのウェットフードはとても用意出来ない事もあり、
「ドライフード=体調管理用」
「ウェットフード=食欲増進用」

と、使い分けをしています。そして、健康管理用のドライフードのみ
「可能であればプレミアムフードで・・」
と、お願いさせて頂いています。


プレミアムフードをお願いする理由は、
【普段食べる食事の質を上げる事が、病気予防&医療費削減に繋がる】
と考えているからです。
実際にプレミアムフードを食べさせるようになってからは、
以前は粘液交じり、軟便、色が悪かったような庵の子達の便の状態が
格段に健康なものに変わり、お陰で医療費も随分減りました。


アイムスやサイエンスダイエットをお願いしているのは、

・同じ銘柄の方が体調管理を行ないやすい
・プレミアムフードの中では一番安く、手に入りやすい


と、いう理由からで、
庵の子達の健康維持、医療費削減をしつつ、皆様に出来るだけ負担を掛けないようにと
現地が考えた結果のお願いです。
(猫用にアイムスをお願いしていたのは、サイエンスダイエットよりも小粒な為、
口内炎の子でも食べやすいからという理由もあります。)


その反面、食欲が落ちた子の場合はこれらのフードより
「銀のスプーン」「懐石」「シーバ」を好む事もあります。
おそらく嗜好性が高いのだと思います。



【てぷりん太郎:2009年5月撮影】
tepurin_0905.jpg


最初に書きましたが、
ウェットフードは食欲増進の目的で使う事がほとんどです。
犬達は全員の個別の皿を使用している為、それぞれの食事に混ぜていますが、
猫達は犬に比べてはるかに頭数が多く、個別の皿ではなく大皿に食事を盛っている為、
主に食欲の落ちた闘病中・高齢の子に優先的に食べさせています。


そんな猫達の中には、
昨日までとは急に違う味を欲しがるようになる子が頻繁にいます。
腎臓病を患う場合などは嗜好が次々と変わる事が多いのと、
口内炎の進行状況によっては、より柔ら内ものを欲しがるようになるからです。
その為、庵では常に様々な種類・形状・味の缶詰及びレトルトを必要としています。
成猫用、高齢猫用、ムース、スープ、テリーヌ状、スナック等、
種類は多いほど嬉しいです。


上記の理由から、ドライフードに関しては
・健康な子は、病気予防(=医療費削減)になるプレミアムフードを食べさせたい
・食欲が無い場合は、プレミアムフードに拘らず、食べられるものを食べさせる


ウェットフードに関しては
・味、種類の数が多いほど嬉しい
と、いう事でご支援のお願いをさせて頂いています。



【お山のうりうり君(チューリップ組):2009年7月撮影】
uriuri0907.jpg

【お山のうりうり君:2009年4月撮影】
過去に顎を骨折し、「一生ドロドロのものしか飲めないだろう。」と、言われましたが、頑張って治療したお陰で、水でふやかして柔らかくしたドライフードを食べられるようになりました。
uriuri0904.jpg


「本人が、自分の口で食事出来る事」


これが、庵が一番に考えている事です。
食欲は生きる力だからです。
便の状態を良くしたり、病気の予防を考えるのは、その次の話になります。


そんな理由から、「○○用の××が必要です」といった明確な指定が無い場合は、
必ずしもフードはこれで無ければいけないという事はありません。
支援する方が一番送りやすい品を送っていただけると嬉しいです。
頭数の多い庵では、どんな大袋でも酸化する前に全て消費してしまいますし、
どの味も誰かしら喜んで頂きます。



【(左から)ぱんこんだ・もおお・みにらごた君:2009年7月撮影】
「ごはんはまだ?」食事待ち中の梅組の男の子達
pankonda_moo_miniragota.jpg


庵は確かに緊急事態です。
しかし庵の窮乏は今に始まった事ではなく、
また、この状況は庵の子達が居る限り今後も続きます。


無理な支援は長くは続きません。
「出来る事を、無理なく出来る範囲で」
を、モットーに、
ご自身の歩くペースに合う範囲で、
長く庵の子達を見守っていただけますようお願い致します。m(_ _)m



----------------------------------------------



アイムスの猫用ドライフードが一部長期欠品になるという情報を有難うございました。
その間は在庫のある分、もしくはサイエンスダイエットを中心に
ご支援いただけますよう宜しくお願い致します。
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。