スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mちんからの手紙

昨日、Mちんから手紙が届きました。

Mちんは今から数年前、
赤団子太郎(=赤太郎)が庵に来た当時の現地スタッフで、
庵を離れた今も、一人の支援者として此処の応援を続けて下さっています。


文字通り寝食を共にして、赤団子太郎の看病に当たった当時の思いと、
元:現地スタッフとして皆様への感謝の言葉を、綴って下さりました。


-------------------------------------------------------------


支援してくださる皆様へ


いつも庵への温かいご支援、ありがとうございます。


皆様の善意の気持ちに包まれ、たくさんの仲間達と楽しく過ごしていた赤太郎が
虹の橋を渡って行きました。


下半身不随の赤太郎が生きていく事は決して簡単なはずがありません。
一日に数回、人間の手でおしっこ・うんちを出してあげなければなりません。
それでも膀胱炎を起こして血尿が出る事もありました。


当初は下痢でお尻がかぶれてしまい、
w/dのフードにたどり着くまで不快な思いをしたはずです。
先生からも「長くは生きられない」と宣告されていました。


しかし、赤太郎は信じられないくらい元気でした。
前足だけでプラケージの天井にぶら下がってみたり、
ねずみのおもちゃを追いかけたりします。
一緒に私の実家に帰った時には畳で爪とぎして、二人でお母さんに怒られました。
便の状態が良くなると、お腹をマッサージして排泄を促している間に寝てしまったり・・・


ボランティアハウスに帰れば (故)こっちゃんとスリスリして、
梨利子ちゃんにネコパンチしていました。



【こっちゃん】
このHPで紹介するのは初めてですが、先天性の心臓奇形で亡くなった女の子です。
※写真は「お手伝い日記byララクナ」よりお借りしました。是非こちらもご覧下さい。



赤太郎とはずっと一緒でした。


私にとって特別な子です。


そんな赤太郎は先生の予想を裏切って7年という月日を過ごしてきました。
決して赤太郎だけの力ではありません。
w/d、おしり拭き、おむつなどは生命線です。
これらがなければ、赤太郎の充実した日々はなかったはずです。



【赤団子太郎が食べていた w/d】
wd.jpg


皆様のご支援のお陰で、私は赤太郎と貴重な時間を共にする事が出来ました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。


別れの時は必ず訪れます。


当然のことですが辛い事です。


それでも庵の日々は続いています。


まだまだ、たくさんの子が懸命に生きています。
どうか力を貸して頂けますよう、お願い致します。


赤太郎は幸せでした。



【2007年10月撮影:ジョイちゃん(左)・赤団子太郎】



今頃、仲良しだった(故)こっちゃんや(故)JOYちゃんと、
だんごになって眠っているはずです。
そして空の上から、こう言います。


「かか、姉ちゃん、泣くなよ。まだまだ、これからだよ」


-------------------------------------------------------------

もう一つ、現地からの伝言も届いています


がたさまへ、
赤団子太郎にぴったりの茶トラの明るいお花を、ありがとうございました。
スポンサーサイト

冬の夜に

わあハウスで暮らす「ぼっこちゃん」。


2009年1月の寒い時期、皆が眠る前の最後の点検時に撮影した1枚。
カメラ向けられてちょっと緊張してる?



ダーナーのKさん&しんどうさんに見守られて暮らす、ぼっこちゃん。
2人のダーナーさんが居るのはこの子だけです。

シャンプー

2009年9月撮影

人手の関係でなかなか出来なかったシャンプー。
この日、遂に茶々(ちゃちゃ)の順番が来ました。


「かかっ、助けて~!!」
cyaya090918_1.jpg


・・・いつ終わるの?(TдT)
cyacya090918_2.jpg


助けを求める時も大人しい茶々は、Sさんのダーナー子です。

赤団子太郎を偲んで

2010年10月22日に「赤団子太郎」の訃報が届きました。

下半身不随により自力で排泄出来なかった赤団子太郎。
一日に何度も尿や便を搾り出してあげなくてはいけない身体だったにも関わらず、元気一杯に力強く生きたこの子の思い出の写真を紹介させて頂きます。


今回色々探した中で一番古い写真。【2005年11月】 ↓
akadango200511.jpg

2番目に古い写真 【2006年12月】 ↓
akadango_0612.jpg


此処に来てからずっとケージで一人暮らしだった赤団子太郎。
同じ下半身不随の女の子「ジョイちゃん」と、昼間はチューリップ組に設置したベビーベッド、夜は療養組のケージで共に暮らし始めたのは2007年の事。梅組の2階にチューリップ組(エイズ白血病陰性猫専用ルーム)が完成した後の事でした。

【2007年6月:ジョイちゃんと共に】
akadango_jyoi_0706.jpg
関連記事仲間が集まる家!?
関連記事笑ちゃん


その後、ベビーベッドには「笑(えみ)ちゃん」も同居するようになり、一人暮らしから一転、赤団子太郎の生活は大勢の仲間に囲まれて、にぎやかなものになりました。

【2007年7月:ベビーベッドに興味深々のチューリップ組メンバー】
akadango_bed0707.jpg

【2007年7月:(左から)笑ちゃん・赤団子太郎・さあ太郎】
【ベビーベッドの中で】
akadango_emi_saatarou0707.jpg
笑ちゃんに関する他の記事はこちら
関連記事訃報・笑ちゃん
関連記事びっくり?・まったり・じっくり
関連記事隣の芝生は青い、んだよね?


一番状態の悪かった笑ちゃんが先に虹の橋へ旅立った後も、残された「赤団子太郎」「ジョイちゃん」は仲良く過ごし、2007年11月には二人揃って「がたさん」というダーナーさんが出来ました。

【2007年11月:医療用の反発マットに乗って】
akadango_jyoi071118.jpg
関連記事ダーナーさん決定
関連記事二人は仲良し


健常な子に比べてお尻周りが汚れやすかった赤団子太郎&ジョイちゃんは、頻繁に下半身浴をしていました。

【2008年3月:下半身浴から乾燥までの待合室】
akadango_jyoi0803.jpg
関連記事下半身浴_1
関連記事下半身浴_2
関連記事下半身浴_3


2008年3月に体調を崩して緊急入院したものの無事持ち直しました。
関連記事赤団子太郎 犬風邪その後
関連記事緊急:赤団子太郎君
関連記事ジョイちゃん
関連記事和子ちゃん&赤団子太郎君近況
関連記事がんばれ!赤団子太郎


2009年3月、「笑ちゃん」についで「ジョイちゃん」も虹の橋に旅立ち、再び一人暮らしに戻りました。かかさん&スタッフ達は残された「赤団子太郎」の事を随分心配しましたが、大勢の仲間に囲まれてその後も元気に暮らしました。

【2009年6月:療養組←→チューリップ組移動用カゴに乗って】
akadango_kago090616.jpg

【2009年6月:ケージから脱走の瞬間】
akadango090616.jpg
関連記事訃報:ジョイちゃん
関連記事ジョイちゃんを偲んで
関連記事赤団子太郎の冒険


身体は不自由でも思う存分人生を生きた「赤団子太郎」。
大人になってからやって来たため正確な年齢は不明でしたが、おそらく7歳位だったのでしょう。今頃は先に旅立った「笑ちゃん」「ジョイちゃん」達と再開して、一緒に楽しく走り回っていると思います。


赤団子太郎、今まで元気な姿を見せてくれて本当に有難う。
またいつかどこかで会えるといいね。


【2007年11月】
akadango_jyoi071118_2.jpg
「ガタまま、今まで見守ってくれて有難うございました」
by:赤団子太郎&ジョイ


おかえりなさい!

庵の門を入ったところで、かかさんをお出迎えする「宮ちゃん」。


2009年3月撮影
miya090316.jpg

さるこの庵を応援して下さる皆様へ

いつも御支援有難うございます。


有り難い事に、ここ4・5日は物資を御支援下さるスピードが速く
嬉しい悲鳴を上げさせて頂いています。
前回の書き込み以降、振替口座には今日現在までに
11万円の御支援を頂くことが出来ました。
が、待って頂いたお給料に充てさせて頂きましたので残が1万円です。
それにより他方面の支払事が滞りだしました。


大変申し上げにくいのですが、現金の御支援をお願い致します。


庵は、貧乏は平気ですが、
庵の子達の体調面のフォロー・維持をしていかなければなりません。
今日穏やかに全員が過ごせれば幸せです。
そして明日、また皆に会えれば幸せです。



赤団子太郎:2009年6月撮影~療養組にて~
akadangotarou090605.jpg


あか団子太郎が、本日永眠しました。


今日は、これ以上書く事が出来ません。
あか団子太郎に代わりまして、
w/dやら、紙おむつやら、介護マットやら・・
長い間、皆様 御支援有難うございました。


皆が毎日を健やかに過ごせる様にと願ってやみません。
御支援、どうぞ宜しくお願いします。



赤団子太郎:2009年4月撮影~チューリップ組、ジュジュのベランダにて~
akadango090418_3.jpg


10月22日 さるこの庵

こっち向いて

療養組で暮らす、だんごろべえ(白)と姫華(黒)。
撮影は2009年9月。まだ残暑が厳しい頃の写真です。


かかさん、指を立てて注意を向けようとしています。
dango_himeka090918.jpg


だんごろべえはちゃんと見てくれるものの
dangorobee090918.jpg


姫華はなかなかこっちを見てくれません。
himeka090918.jpg


共に、ダーナーのシャオさんに見守られて穏やかに暮らしています。

今月の成果状況(10月6日時点)

2010年8月の確定ポイント(10月10日頃付与)

・ポイント(確定) 13,246 ポイント

※先々月に発生し、今月10日頃に付与された確定した成果報酬をご報告します。



10月の成果状況(10月6日時点)
・ポイント(未確定) 2,327 ポイント
・売上げ金額 21,428 円
・売上げ件数 39 件
※成果状況は今月(10/1~10/6)の成果報酬(未確定)です。確定した成果ポイントのみ2010年12月10日頃に付与されます。未確定ポイントは、確定するまでにキャンセル等で減ったりする可能性があります。

今月の料率ランク(2010年10月15日~2010年11月14日まで)
・料率ランク B ランク

料率ランクとは、毎月の売り上げ合計金額によって設定されるランクです。このランクが上がることで、売り上げ金額から付与されるポイントも変化(=増加)します。
引き続きBランクです。いつも利用して頂き、本当にありがとうございます。

ご利用頂いたショップの一覧(確定173件、未確定0件)をご覧になるには、左下の続きを読むをクリックして下さい。

続きを読む

いつも御支援下さる皆様へ~現地近況~

本日、現地からメッセージが届きました。


こんにちは。
今日はとてもペンが重く感じられます。
今月10日のスタッフのお給料、大変つらかったのですが全額揃える事が出来ませんでした。


8日に、10日分の庵運営費のお願いの文をUPして頂いてから、15日(金)までに口座に御支援頂いた額が6万円弱でした。


スタッフの一人に事情を話して待って頂き、動物病院の支払も2回分待って頂いています。


今日もこの後(犬)茶だい子と、猫数人の通院が必要です。


10月の運営費が厳しいなと感じています。


【茶だいこ】
cyadaiko0901.jpg


この半年間は、皆様方の御支援のお陰で、人件費も滞らず、
医療費の滞納も解決でき、その他待って頂いていた支払も
きちんと処理する事が出来ましたので、本当に有難かったです。

しかし現実問題として、設備面 ( 建物も機械も全て ) のメンテナンスも必要です。
月々の運営費が厳しい状況では、
いざというときに手が出せません。
それが動物の健康面に係わってしまう事を何より恐れています。
どうぞ、御支援をよろしくお願いします。


【よもぎ】
yomogi090120.jpg

PS:
今、梅組に居ますが、よもぎは眼を開けて寝ています。
実は寝ていても何もかもが見えているのかもしれません。
動物の眼には真実が映っているといいますので・・。
よもぎにとっての真実って何なか?
今ぴくぴくしています、頭が(笑)
『庵を支援して良かった』
皆様にそう思って頂ける様、今日も努めさせて頂きます。


10月18日 さるこの庵


うるる(チューリップ組)

現在闘病中の「うるる:女の子」。

ダーナーのIさんに見守られて毎日を過ごしています。


2007年2月撮影
ururu0702.jpg


2008年1月撮影
ururu0801.jpg


2009年6月撮影
ururu0906.jpg


うるるに関する過去の記事はこちら:1
うるるに関する過去の記事はこちら:2
うるるに関する過去の記事はこちら:3


もっと読みたい方は、さるこの庵HPにて「うるる」で検索して下さいm(_ _)m


プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。