FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばば太郎・さるぎり君・ぐり

今日はずっと「ばば太郎」の痛みのケアをしていました。


【ばば太郎】
babatarou_drive0903.jpg


心臓の具合が悪いという連絡が入ったばかりの「ばば太郎」の様子が、少し前に届きました。


5/12には「さるぎり君」が酷い下痢を起しているという連絡が、
5/18には心臓を患う「ぐり」の食欲不振と腹水が溜まっているという連絡が入っています。庵の子達の高齢化が進んだ今、10歳を越える子達の割合がぐっと高くなってきましたが、「ばば太郎」「さるぎり君」「ぐり」の3匹も(正確な年齢は不明ですが)10歳を超えると思われます。

【さるぎり君】
sarugiri090730.jpg

【ぐり】
guri090425.jpg


せめて、みんなの苦しみが少しでも楽になりますように・・・


「さるぎり君」「ぐり」をはじめ、庵の子達に必要な物資が詳しく記載されています。
こちらも合わせてご覧下さい。
スポンサーサイト

かかさんからのメッセージ

【ちらこ太郎(故)】
chirakotarou090918.jpg


庵の子達のことを、いつも気にかけて下さる皆様へ


庵の子達へのご支援、いつも有難うございます。
庵で暮らすわんこ達は、2~3年の間に庵へ来た子が大部分です。
年齢的に同級生が多く、そのほとんどが10才を超えました。いつか短期間の間で、わんこ達が相次いで亡くなる時期がくるだろうことは覚悟しておりました。これからの4-5年の間が、その時期になるだろうと予測はしておりましたが、今年になって、すでにその時がきている様です。昨年来から愛光夢・あしょか・ちびかかさん・なんちん・和顔・ぽんこちゃん、そして今日、ちらこ太郎を亡くしました。心臓発作でした。



【ぐり】
guri090225_2.jpg


ぐり、ばば太郎も心臓の状態が思わしくないので毎日気を抜くことの出来ない状態です。


この十数年、「命を放棄しない、してはいけない。自分が係わった生命は寿命を全うするまで、責任を持つべきだ」。この思いだけが私の支えでした。長い間のたくさんの方のご支援のお陰で、犬猫の庵での生活をなんとか維持し続けることができ、私自身の弱い心も奮い立たせて、心が折れない様折れない様努めることが出来ました。改めて感謝の気持ちをお伝えさせて下さい。有難うございます。


【ばば太郎】
babatarou090225.jpg


その上で、 大変心苦しいのですが、6月の庵の維持費のご支援をお願いします。
人件費・医療又はさるこの庵設備の維持費は毎月毎月必要です。今月なんとか凌いでも、またすぐ来月がきます。支援して下さる方々へ向けて、ペンを取るのは本当に辛いのですが、庵の維持にどうかお力を貸して下さい。


本当に心苦しいです。
でも、ご支援のお陰で1日1日を、1月1月を、1年1年を犬猫が寿命を全うするまで繋いでいくことが出来れば、こんなに有難いことはありません。さるこの庵として、今現在暮らしている生命を放り出すことだけは避けたいと願っています。


皆様、どうか、さるこの庵にお力をお貸し下さい。
かかが勇気を無くさないで済む様、お力をお貸し下さい。
どうぞ、よろしくお願いします。


5月27日 さるこの庵 かか



--先日、掲示板に掲載されたかかさんの文章を転載しました。--

ちらこ太郎訃報

5月27日、庵の古株の一人である「ちらこ太郎」が虹の橋へ旅立ちました。
分っているのは「心臓発作」という事のみで、詳細は知らされていませんが、ちらこ太郎を偲んで、生前のアルバムを掲載させていただきます。


ちらこ太郎は、ちょっと硬派なシャイボーイという印象がありました。
更に、他の子達よりちょっぴり警戒心が強かったのか、何度現地を訪問しても、なかなか私に笑顔を向けてはくれませんでした。吠えたり、唸ったり、噛み付いたりする訳ではないけれど、他の子達のように笑顔でじゃれてきたり、何か話してきたりする事は決してしない。
言うなれば
「かかはお前の事容認しているみたいだけど、オレはまだ気を許しちゃいないんだぜ。」
と、いう空気がチラチラと (決して「ビシビシ」ではなく) 伝わってくる、そんな感じでした。


そしてもう1つ、「ちらこ太郎」の事を思う時、どうしても「へんなちゃん(故)」の顔が一緒に浮かんできます。その位、この二匹が仲良しだった印象があり、事実、日中広場に繋ぐ時も、かかさんは極力この二匹を近くにしていましたし、「ちらこ太郎」も、「へんなちゃん」と一緒に居る時はこんな表情を見せてくれていました。
 
 ↓

【へんなちゃん(故・右)と一緒に:2001年撮影】
chirakotarou20010921.jpg


「ちらこ太郎は、本当にへんなちゃんと仲良しだよね。」
と、何気なくつぶやいた私に、かかさんからこんな返事が返ってきました。

「そうなの。顔が似ているから、へんなちゃんの事を実の父と思っているみたい。」


【へんなちゃん(故)】
henna20010921.jpg

  ↑

色が違うから気付かなかったけれど、確かに似てる・・・と、妙に納得しました。

  ↓



【完成直後の「まるとぎんなんこのベランダ」にて~ちらこ太郎~:2007年撮影】
chirakotarou200706.jpg

chirakotarou200706_2.jpg


「かかはお前の事容認しているみたいだけど、オレはまだ気を許しちゃいないんだぜ。」

そんな表情も、もしかすると敬愛する「へんなちゃん」を真似ての事だったのかもしれないな・・と、今になって思ったりします。ちらこ太郎は「チラチラ」でしたが、へんなちゃんからは「毅然と」同じ空気が流れてきていたから。


なんにしても、今頃は大好きだった「へんなちゃん」に再会している事でしょう。


------------------------------------------------------------------------



大病や怪我、精神的な問題がない子の場合、どうしてもHPでの露出が少なくなってしまい、そのため、ちらこ太郎の写真を掲載する事はほとんどありませんでしたが、今回過去のアルバムを探す中で、楽しそうに過ごしている姿が何枚も見つかりました。
へんなちゃんが虹の橋に旅立った後も、かかさん、スタッフ、皆様からの支援に守られて元気に過ごしていた様子が伝わってきます。


【わあハウスの階段にて:2009年撮影】
今から散歩です。
chirakotarou0902.jpg

chirakotarou090225_2.jpg


【押入れ改造スペースにて:2007年撮影】
chirako_oshiire0706.jpg


【まるとぎんなんこのベランダにて:2008年撮影】
chirakotarou080331.jpg


ちらこ太郎、今まで元気な姿を見せてくれてありがとう。
先に虹の橋に逝った皆によろしくね。


--------------------------------------------------------------------------


5月30日追記
ちらこ太郎が旅立った翌日、現地からメッセージが届きました。


----ちらこ太郎はとてもきれいな顔をして眠っています---

                                   ----かか----


--------------------------------------------------------------------------

ぽんこちゃん訃報

【ぽんこちゃん】


ぽんこちゃんの訃報が届きました。


他界したのは4月29日。
先日の日記で、肺がんの発見と余命宣告された事をお伝えしましたが、その頃には既に旅立った後だったようです。現地も、体調の変化を伝えてくるだけで精一杯で、連絡直後に見送る事になってしまった事を伝えてくる余裕がなかったのでしょう。


余りにも早い旅立ちだった事を知り驚きましたが、裏を返せば、それだけ苦しまずにスッと逝けたという事なのだと思います。


若い頃は、お腹に子供を抱えた状態で「こんこちゃん」と二人で放浪生活をしていた「ぽんこちゃん」。けれど、此処に来てからは大勢の仲間と、かかさんをはじめとするスタッフ達に囲まれて、皆様から送られてくる物資のお陰で安心して暮らす事が出来ました。
「ぽんこちゃん」は思う存分生きて、思い残すことなく旅立てたのだろうな・・・
何故かそんな風に思いました。


ぽんこちゃんのご冥福をお祈りします。
ponkoup090918.jpg


下の写真は、以前掲示板でも話題になった「ぽんこ踊り」。
社交的なぽんこちゃんは、人の姿を見ると喜んで、立ち上がって足踏みしながら尻尾をビュンビュン振ってくれました。それまで大人しかった「りここ」「ばばこ」等の女の子達も、この様子を見てマネしはじめたりしていました。
この様子は数年前、「ぽんこ踊り」としてちょっぴり話題になりましたが、
覚えている方・・・・いらっしゃいますか?
ponko010921.jpg


放浪時代にご飯を分けてくれた「へんなちゃん(右)」。
へんなちゃんが他界したのはもう随分前ですが、ちゃんと虹の橋で再会しているかな。
【ひむ子(故)&へんなちゃん(故):2002年4月撮影】
himuko_henna02.jpg


厳しい先輩だった「くまら(故)」。
他の子よりも元気でパワフルだった「ぽんこちゃん」は、ここに来てしばらくの間は羽目を外す度に、気が強くて上下関係に厳しい「くまら」に指導されていました。
「くまら」とも再会しているかな。
【くまら(故):2008年5月撮影】
kumara080523_5.jpg


ぽんこちゃん、
むこうでも元気に暮らしてください。

そして、先に旅立った皆によろしくね。


【ぽんこちゃん:2001年9月撮影】
ponko20010921_2.jpg

なかよしさんからの手紙

【なかよしさん:梅組】
nakayoshi090918.jpg


【さるぎり君:梅組】
sarugiri090918.jpg



好きな人はさるぎり兄ちゃんにゃん。


さるぎり兄ちゃんは、るんるんくんちゃんが好きだったにゃん。


でも最近オレと仲良しにゃん。


かかがオレの顔をじっと見るにゃん。てれるにゃん。

(片眼の瞳孔の大きさが気になって、最近よく観察しているそうです:さいとう)


オレは実年齢より若く見えるらしいにゃん。



                                      byなかよしさん



【るんるんくんちゃん(左)&みにらごた君(右):梅組】
今はこの二匹が仲良しです。
runrunkun_miniragota0909.jpg

なかよしさんダーナーのはなたろうさんが、
「よろしければHPに掲載して下さい」と、ご自身のもとに届いたコメントを送って下さったので、一部抜粋してお届けします。
はなたろうさん、有難うございますm(_ _)m
ちなみに・・・庵の女の子達は、みんな自分の事を「オレ」と言うそうです(^-^;)

日記の事~便りがないのは緊急事態の証拠~

長い間、更新が滞ってしまいました。
皆様にはご心配&ご迷惑お掛けしてしまいスミマセンでしたm(_ _)m
実はこの日記でも何度か書きましたが、今年に入ってから現地からの情報が入りにくくなっています。理由は、かかさんが実務に入る時間が増えた事です。


数年前、長年の激務の末に体調を崩し、酷い時は布団から起き上がる事が出来ない状態となったかかさん(~当時、動けないかかさんに代わりMちんが庵を支えて下さりました~)。その後スタッフが増加し、実務から事務仕事中心に切り替える事で、少しずつ体調も回復してきましたが、再び実務が増えた今、これまでのように近況を知らせてきたり写真撮影をする余裕は無くなってしまいました。
仕事の邪魔にならないよう、時折ファックスで、「余裕のある時に近況を知らせて下さい」と、お願いはしていますが、かかさんから返信が来る事は殆どありません。体調が万全とは言えない状態でハードな実務をこなしている事で、とてもそれどころではないのだと思います。


その上、去年から今年にかけて、愛光夢、あしょか、ちびかかさん、しまこ大、なんちん、和顔等、長い間一緒に暮らしてきた子達を次々に見送り、今もぽんこちゃんの余命宣告を受け、ぐりが体調を崩し、人件費も医療費にも事欠く毎日が続く中、精神的にどれだけ参っているか計り知れません。下手をすると、かかさん自身が再び起き上がれない程に体調を崩す懸念もあります。


庵の子達の生活を守る為にも、近況を伝え続ける事は必要不可欠です。
様子が分らなければ支援のしようがないからです。
しかし、今の状態を考えるとこれ以上の無理をさせる事も出来ず・・・
けれど、そうは言ってもどうやって日記を書けばよいか分らず・・・
・・・そんな事情もあって、更新出来ないまま時間だけが過ぎてしまいました。

本当にスミマセンm(_ _)m


makakyara0807.jpg


幸い、私の手元にもダーナー子「まかきゃらあ」の近況入り葉書が届きました。
今日はその内容をお届けします。
----------------------------------------------------------------
3月4月には十二指腸炎になっちゃったわん。
(下痢、吐き気が続いて大変でした~まだ続いています~)

今日も病院へ連れていかれたわん。
(病院では意外と恐がりです)

お隣の「せんちゃん(犬)」とラブラブです。うらやましい!!

                                 byかか
----------------------------------------------------------------


makakyara2_080717.jpg


ショックでした。
まかきゃらあまで、こんな事になっていたとは・・・
「便りが無いのは元気な証拠」と、いう言葉がありますが、庵の場合は

【便りがないのは緊急事態の証拠】だと、改めて思いました。

今月の成果状況(5月6日時点)

2010年3月の確定ポイント(5月10日頃付与)

・ポイント(確定) 17,916 ポイント

※先々月に発生し、今月10日頃に付与された確定した成果報酬をご報告します。



5月の成果状況(5月6日時点)
・ポイント(未確定) 5,699 ポイント
・売上げ金額 539,669 円
・売上げ件数 30 件
※成果状況は今月(5/1~5/6)の成果報酬(未確定)です。確定した成果ポイントのみ2010年7月10日頃に付与されます。未確定ポイントは、確定するまでにキャンセル等で減ったりする可能性があります。

今月の料率ランク(2010年5月15日~2010年6月14日まで)
・料率ランク B ランク

料率ランクとは、毎月の売り上げ合計金額によって設定されるランクです。このランクが上がることで、売り上げ金額から付与されるポイントも変化(=増加)します。
引き続きBランクです。いつも利用して頂き、本当にありがとうございます!

ご利用頂いたショップの一覧(確定198件、未確定14件)をご覧になるには、左下の続きを読むをクリックして下さい。

続きを読む

嬉しいニュース・悪いニュース

先日、こちらのHPで大至急のお願いをさせて頂きましたが、本日、無事に給料の支払いが出来たとの連絡が入りました。これでまた、次の給料日までの間、現地スタッフを維持する事が可能になり、庵の子達が毎日の必要なお世話を受けられる事になりました。
これも全て、GW前の緊急なお願いだったにも関わらず、庵の窮状を知ってすぐに対応して下さった大勢の方々のお陰です。

本当に有難うございました。m(_ _)m


【チューリップ組:長太(左)&七夕君(右)】
cyouta_tanabata0906.jpg


【梅組:(左から)銀幸子ちゃん・茶々・かか団子】
ginkoko_cyacya_kakadango090.jpg


【押入れ改造スペースにて:(左から)まかきゃらあ・ばばこ】



【チューリップ組:こいらこちゃん】
koirako0906.jpg


けれど、お給料を払った後の残金は6万円。
更に今日も動物病院に行く必要があり、その中から支払いを済ませて来たそうです。つまり、

正月~4月迄に溜まった4か月分の医療費のツケはそのままで、明日からの維持費もままならない状態が依然として続いています。


総勢100頭を超える庵では月々の医療費もバカになりません。
1頭あたり3000円としても10頭なら3万円。100頭なら・・・
もちろん月ごとに増減はありますが、10歳を超える高齢の犬猫が多い現在、医療費を今以上に抑える事はかなり難しいのが実情です。そして給料や医療費の他にも、光熱費、ガソリン代、保険など他にも様々な維持費が毎月必要となります。


【わあハウス(ぽんこファミリールーム)にて:ぽんこちゃん
4月末に肺がんと診断されました。
ponko090918.jpg


有難いことに「ツケの分はある時に少しづつの入金で大丈夫」と、言って頂いています。

けれど、これ以上ツケを溜める事は出来ません。ぽんこちゃん&ぐりのように、元気だと思っていたら急に体調の変化が起きた・・という事は今後も有り得る話で、現地スタッフが庵にとって非常に大切であるのと同様に、病院は庵の子達の大切な命綱です。今後は治療の都度に支払いを済ませ、ツケの分も出来るだけ早いうちに返済したいと考えています。


【わあわあ広場にて:ぐり
尿管の曲がりが見つかった為、現在、注意して体調を見守っています。
guri090316.jpg


度重なるお願いで恐縮ですが、引き続きのご支援を、どうか宜しくお願い致します。

ぽんこちゃんの事

先日、現地から届いた緊急支援のお願いを掲載させて頂きましたが、後日、もう一枚ファックスが届きました。


「ぽんこちゃん」の肺につぶつぶの癌が出来ている事が判り、

余命がわずかという所見を頂きました。

何があっても庵の子の毎日は維持しなくてはなりません。

今日もまだまだ長い一日となりそうです。   
                                              
                      ~さるこの庵 かか~



【ぽんこちゃん】
ponko0901.jpg


「ぽんこちゃん」が「こんこちゃん」と共に此処に来たのは2000年。

当時、庵の門番役だった「へんなちゃん」が、自分のご飯を残すようになった事に気付き、不思議に思って様子を見ていた所にこっそりやって来たのが「ぽんこちゃん」でした。「ぽんこちゃん」は既にお腹に子供が居たにも関わらず、一緒に放浪していた怖がりの「こんこちゃん」の為に、自分が食べた更に残りのご飯を運んであげていました。


保護当時の写真はこちら


【へんなちゃん(故)】
自分のご飯を、ぽんこちゃんに分けてあげていた「へんなちゃん」。
へんなちゃんもまた、餓えと戦いながらの放浪の末に此処にたどり着いた子でした。
henna20010921.jpg


あれから10年。
これからも、まだまだ元気だと思っていた「ぽんこちゃん」に、まさか余命宣告が出されるとは、夢にも思っていませんでした。あと、どの位生きられるのか分りませんが、最後まで元気でニコニコと過ごせる事を祈るばかりです。


連休明けに控えた給料日、正月以降の医療費のツケに加え、これからはぽんこちゃんの闘病にもお金が必要になります。いつも、皆様にお願いばかりで本当に心苦しいのですが、引き続きのご支援をどうぞ宜しくお願いいたします。
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。