FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちんを偲んで~思い出の自転車~

「こんな時間にごめんね。
どうしても堪え切れなくて・・・電話してしまった。」


なんちんが旅立った日の夜、かかさんから、そんな電話が掛かってきました。
時間は夜の11時。
かかさんがこんな時間に電話してくるのは、本当に珍しい事でした。


nanchin_on_byc_1.jpg

15年前、子犬の状態で庵にやって来た「なんちん」。
一緒に連れてこられた兄弟はすぐに里親が見つかりましたが、なんちんは新しい家が見つからないまま、ずっと此処で暮らす事となりました。以来、いつもニコニコ機嫌の良いリーダーとして(ボスではなく)君臨し、常にかかさんの側で、一緒に庵の歴史を歩き続けてきました。


その「なんちん」が、まだ子供の頃。
「動物好きのお寺」と、マスコミに紹介された事がきっかけで、急激に犬猫が遺棄されていった事がありました。夜中の内に敷地内に置き去りにされていたり、時には「此処で引き取ってもらえないなら保健所に連れて行くしかない。」と、詰め寄られる事もあり、その数はあっという間に200匹を越えました。


けれど、当時の庵には今のようなHPを通じての支援はありませんでした。
自分達が食べるものすらままならない程の困窮した状態となり、水も電気もガスも全て止められ、それでも犬猫達の食料だけは何とかしなくてはと、かかさんは近所の商店を駆け回って、魚のあらや廃棄のお弁当等を分けてもらいました。
その頃、まだ運転免許を持っていなかったかかさんは、この自転車に乗ってお願いに回りました。そして後部座席には、必ずこんな風に「なんちん」が一緒に乗っていたそうです。




【思い出の自転車に乗って:2006年12月撮影】
どんなに古くなって壊れても、自身が運転免許を所得しても、かかさんは、一番苦しい時を支えてくれたこの自転車を処分する事は出来ませんでした。4年前、設備改善工事の際にようやく廃棄を決意し、最後になんちんを定位置に乗せて記念写真を撮りました。
nanchin_on_byc_2.jpg


他人様から施しを受けるのは難しい事です。
どんなに困窮していても、誰かの施しを受けるよりは自分で何とかしたい。施しを受けるのは恥ずかしい事。そう感じるのはごく自然の事であり、若い女性であれば尚の事、その感情は強いと思います。
皆の命を繋ぐ為と分っていても、自転車のペダルを踏み出すのにどれ程の勇気が要ったか、どんなに怖かったかを想像するのは、そう難しい事ではありません。後ろに乗せた「なんちん」に勇気をもらいながら、一足一足ペダルを踏んだ当時のかかさんは、何を考えていたのかな・・・
と、ふと、そう思いました。


【わあわあ広場の片隅に植えた桜】
sakura080523.jpg


なんちんが旅立った日、かかさんはいつもの様に現地の仕事に追われました。
スタッフ達とも笑顔で会話し、
仕事も普通通りにこなし、
なんちんを荼毘に連れて行く事も出来ました。
けれど、全てが終わって、夜、部屋に戻った後、なんちんが居ない空間がとても広くて、居ても経っても居られない程の孤独に襲われたそうです。


かかさんは、なんちんとの思い出を途切れがちにトツトツと話し、その晩はゆっくりと更けていきました。


---------------------------------------------------------------------




そういえば、一昨年わあわあ広場の片隅に植えた小さな桜の木に、今年は綺麗に花が咲きました。なんちんは、その桜の花の枝を一枝持って、虹の橋に旅立っていったそうです。
スポンサーサイト

訃報~なんちん~

現地から悲しい知らせが届きました。

3月25日の明け方、「なんちん」が虹の橋へ旅立ちました。
15歳でした。


nanchin090808.jpg


【咳をするなんちん】
nanchin_seki090730.jpg


なんちんは、長い間心臓病を患っていて、私が初めて庵を訪問した10年前には既に、時折乾いたような咳をしていました。ここまで頑張れたのは、かかさん&スタッフ達の愛情のこもった看病があったからだと思います。


【療養組でかかさんと一緒に:2004年撮影】
nanchin2004.jpg


なんちんの体調はずっと安定していました。
数年前には、心臓に負担をかけないようにする為、わんこハウスからエアコンの効いた梅組に移動し、かかさんやスタッフ達の目が充分に届く梅組で、水分の摂取量を調整したりしながら(これも心臓への負担を軽減する為です)、静かに暮らしていました。



【愛光夢(故)と一緒に:梅組にて】
nanchin_airin090418.jpg


もちろん、年のせいか耳が遠くなり、目も悪くなっていましたし、時折酷い咳もしていましたが、それでも上手にバランスを取りながら体調を維持してこられました。


皆様からのご支援のお陰で、夏は涼しく、冬は暖かく過ごす事も出来ました。
ふわふわの清潔な毛布で眠り、美味しいご飯を食べる事が出来ました。


【かかさんと一緒にドライブ】
nanchin_drive090316.jpg


最後の数日間、なんちんは昼は梅組、夜は療養組で過ごし、その間、かかさんはほぼ徹夜の状態でずっと側に付いていました。
そして、25日の明け方になんちんを見送った後、4~5時間、一緒に並んで眠ったそうです。


【銀幸子ちゃん(左)、わん太郎(右)と一緒に:ウッディコーナーベランダにて】
nanchin_ginkoko_wantarou.jpg


15年間、たくさんの思い出と笑顔をありがとうございました。
今はもう咳込む事もなく、虹の橋で走り回っている「なんちん」。
いつかまた会いたいです。

カレンダー 残りあと1部となりました

来年の3月まで使えるカレンダーとして200部完売し、さらに追加で30部の販売をしています。

そろそろ動きもないから終了かな?と思うたびに注文が入り今月いっぱいで販売も終了しないとダメかなと思った昨日、また注文が入っていました。
本当にありがたいことです。


2010.jpg


カレンダーは、あと1部ですべて販売完了となります。
最後の1部を手にする人は誰でしょう(笑)

今月の成果状況(3月6日時点)

2010年1月の確定ポイント(3月10日頃付与)

・ポイント(確定) 14,554 ポイント

※先々月に発生し、今月10日頃に付与された確定した成果報酬をご報告します。



3月の成果状況(3月6日時点)
・ポイント(未確定) 3,988 ポイント
・売上げ金額 355,874 円
・売上げ件数 51 件
※成果状況は今月(3/1~3/6)の成果報酬(未確定)です。確定した成果ポイントのみ2010年5月10日頃に付与されます。未確定ポイントは、確定するまでにキャンセル等で減ったりする可能性があります。

今月の料率ランク(2010年3月15日~2010年4月14日まで)
・料率ランク B ランク

料率ランクとは、毎月の売り上げ合計金額によって設定されるランクです。このランクが上がることで、売り上げ金額から付与されるポイントも変化(=増加)します。
引き続きBランクです。いつも利用して頂き、本当にありがとうございます!

ご利用頂いたショップの一覧(確定201件、未確定1件)をご覧になるには、左下の続きを読むをクリックして下さい。

続きを読む

シャイボーイ

【ばば太郎】
babatarou090918.jpg

シャイで、自分から率先して前に出る事がなかなか出来ない「ばば太郎」。

だから、出来るだけ気をつけて、「ばば太郎」との時間を取るようにしています。
凄く喜んでいる姿を見ると、こっちまで嬉しくなります。


若々しさの秘訣

【梅組:ぱんこんだ】
pankonda_090918.jpg

今年で15歳になる「ぱんこんだ」。
何年経っても老け込まずに若々しい様子は、是非、見習いたいものです。


いつもご機嫌で、マイペースでよく遊ぶのが若さの秘訣かな?

くまさ~ん

【くまさん太郎】
kumasan090115.jpg
「くまさ~ん」
先日、そう呼んだら全然反応がなくて、
「あれ?」
と、思ったら、ばば太郎のマイルームに繋がれていました。


間違えて繋いだ犯人は・・・かかです(^-^;)



ちなみに【ばば太郎】はこちら↓
babatarou200808.jpg



健康のプレゼント~ひのきの紙砂~

さるこの庵では、猫トイレには「ひのきの紙砂」等の白い砂を使用しています。
この「ひのきの紙砂」はかなり高価な商品のため、何とかもっと安価な商品で代用できないかと他の砂も試してみたりしていますが、なかなか納得のいく製品が見つかりません。


【チューリップ組:うるる】
ururu090316.jpg

「ひのきの紙砂」を利用している一番の理由は、膀胱炎関係の初期発見の為です。


猫にとって腎臓病は死に直結する危険な病気ですが、それを未然に防ぐ為には出来るだけ早い段階で、病気の兆候を発見する必要があります。充分な部屋の広さと、充分な数のトイレがあれば、今ほど心配する事もないのでしょうが、狭い部屋で大勢の猫達が暮らすチューリップ組で充分な数の設置はとても無理であり、かといっては部屋の拡大をする事もままなりません。そんな現状をサポートしてくれているのが「ひのきの紙砂」です。


この砂は使用後の尿の色が目で見てパッと分りやすく、
「少し濃いかも?」
と、思う段階でチェックする事が出来るので、庵の猫達、とくに大勢の子が暮らすチューリップ組の猫達は、この砂のお陰で健康を保つ事が出来ています。


【チューリップ組:ぶらっきぃ君】
burakkixi_090616.jpg



これを使わせてあげられるのは、いつも皆様が送って下さるお陰です。
「健康」という素晴らしいプレゼントを届けて頂けることに、深く感謝します。

虚弱体質とコロイダルシルバー

チューリップ組の「こまるみけこ」

komarumikeko090115.jpg
身体が弱く、しょっちゅう熱を出したり、鼻水を出したりしているらしい「こまるみけこ」。


エイズ白血病や大きな持病は無い。
けれど、虚弱体質で、いつも何処かに篭もって寝ているような子も居るんだな・・・と、
この子を見るたびに思います。

komarumikeko090115_2.jpg
この写真はを撮影した後から、アフィリエイトのポイントで「コロイダルシルバー」を購入できるようになり、その効果もあって去年後半から元気に歩き回る姿も増えてきたようです。コロイダルシルバーは、天然の抗生物質と言われるもので、ケミカルの抗生剤のように耐性菌を作る心配がないと聞いていたものの、高価な為なかなか手が出せませんでしたが、そういった商品を利用できるのは、皆様のご協力のお陰です。


前回の分はそろそろ在庫がなくなっている頃ですが、また、ポイントが溜まったら購入させていただき、「こまるみけこ」、「七夕君」をはじめ、何匹もの子に飲ませてあげたいと思います。

ドビ~ン

チューリップ組の「阿古夜ちゃん」


こっちにおいで(*^o^*)
akoya090115.jpg

ドビ~ン
akoya090115_2.jpg


ググ~!!
akoya090115_3.jpg


ドッビ~ン!!
akoya090115_4.jpg

どこまで迫って来るの~?(^-^;)
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。