FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

free time~大慈君~

2階の部屋に移動になった大慈君。


同室の「かか団子」を気に入ったようで、わあわあ広場でのフリータイム時も、何かと「かか団子」の側をウロウロ・・・。"2階が自分の部屋"と、いう事を認識するまでは大変だったけれど、落ち着いてみたら、素敵な出会いがあったようです(*^o^*)
kakadango_daiji090918.jpg
そういえば、スタッフのすずさん情報では、大慈君はわあわあ広場に出たい時、赤ちゃんのように両手を広げて大騒ぎするようです。
そんな時は、鎖を外す順番を一番最後にして、
「どうするの?」
と、大慈君に聞くと、ピタッとお利口さん座りをするとか。





「もう騒がないから、お利口にするから、早く皆と一緒に行かせて!!」





そんな、大慈君の心の声が聞こえてくる気がします(笑)
daiji_free090918.jpg
スポンサーサイト

引越しは大変デス

「大慈君」は、先日、わあハウスの1階から2階に引越ししました。

けれど、1階での暮らしが長かった事もあり、どうしても外から戻った後は、元の部屋に戻ってしまい、その都度スタッフが2階に連れていかなくてはいけませんでした。


大慈君からすれば、「自分の部屋に戻っただけなのに、なんで、僕の場所に他の子が居るの?どうして僕が違う部屋に行かなくてはいけないの?」という所だったと思いますが、スタッフからすれば、他の仕事を中断して、毎回、困惑している大慈君を2階の部屋まで連れて行かなくてはなりません。
moufu_daiji20090120.jpg
「何とか、他の子達のように自分で新しい部屋に行けるようになって欲しい」


そう、切実に願う現地スタッフ達が考え出したのが、ご飯の入ったお椀を2階に置いて誘導する方法。この方法を導入したばかりの頃、大慈君は自ら2階に上がりましたが、すぐに効果がなくなり、相変わらず元の部屋に入って行ってしまいました。




どうしたものかと考えた挙句、次に思いついたのが
【ポケットから出したおやつを2階に置いておく】
という方法。


ご飯がダメなら、おやつで勝負。
【食べ物で釣る】という、基本的なスタンスは同じですが、大慈君にとってアイテムの変化はかなり魅力的だったらしく、この方法は大成功!
ササミジャーキー、すなぎも、ビスケット・・・どのおやつをあげたかは不明ですが、とにかく頻繁に食べる事の出来ない「おやつ」の威力は絶大でした。




お陰で、じきにポケットに手を入れただけで自ら2階に上がるようになり、大慈君の引越しは、やっと無事完了しました。
daiji090918.jpg
「今日から、貴方の部屋はこっちだよ。」
そう言って分かってくれれば良いのですが、わんこの部屋移動は大変です。

現地スタッフの皆様、お疲れ様でしたm(_ _)m

抜け毛

今年は抜け毛が凄い「ひむ吉」。
フワフワと浮いた毛を取ってあげるのですが、ひむ吉は「ウウッ・・・」と唸りながら、口を持ってくる癖があるので、苦労します。
himukichi090808.jpg
抜け毛を取った後は、大好きなボール遊びで機嫌を直します。
himukichi090808_2.jpg

【人件費のお願い】

9月も今週で終わり、そろそろ次回の人件費の心配をする時期になりました。

シルバーウィーク前にご支援して頂いた分で、来月初め辺りまでは医療費、維持費は持たせる事が出来ると思います。(何事もなければ・・の話です)

しかし、その分、人件費用の資金は現時点で「0」となっており、次回の給料日である10月10日(土)に支払う予定の資金は、ここから2週間の間に何とかしなくてはいけない状態です。


いつもお願いばかりで申し訳ありませんが、どうぞご支援の程を宜しくお願い致します。

ありがとう

昨夜、かかさんから聞いた話です。
--------------------------------------------------------------------

スタッフが全員帰宅した後、一人で各部屋の見回りをしていた時のこと。



チューリップ組で作業をしていたら、突然「ちょぴぴ」が肩に飛び乗ってきました。
その日は仕事が沢山あって、誰かを構っている余裕は無かったのですが、なぜか「もう少しこの子と一緒に居たい」という気がして、そのまま「ちょぴぴ」を抱いて部屋の外に出ました。
cyopipi090808.jpg
「かか、ありがとう」


他の子が居ない廊下で、ちょぴぴを抱いていた時、確かにそう聞こえました。


「"ありがとう"って何が?」


「う~ん、よく分からないけど、そう言いたくなったの。」


「"ありがとう"を、皆に言わなくちゃいけないのは、かかの方なんだよ。」


本当は急いで部屋に戻って仕事をしなくてはいけなかったのですが、
そんな会話をした後、もうちょっとだけ、ちょぴぴと二人だけで過ごしました。



---------------------------------------------------------------------------


秋分の日辺りのある晩、そんな事があったそうです。

赤団子太郎の冒険

療養組で生活する「赤団子太郎」

下半身不随の為、普段はケージの中で生活していますが、
・・・・ん?
なにやら、下段に置かれたケージの天井越しに脱走中の様子。
akadango090616_1.jpg
抜け出した穴を見ると、結構小さいのにビックリします。
猫は、頭さえ通れば通り抜けられるとは言うけれど、もしかして、いつもこんな事してる?
akadango090616_2.jpg
脱走後、「勝手知ったる」という感じで、この場所に移動した赤団子太郎。
なんだか、いつもの場所でいつもの様にくつろいでいますって雰囲気・・・(^-^;)
akadango090616_3.jpg
そして、しばらく遊んだ後、ふと気付くとケージの下段に勝手に戻っていました。
流石に、自室(上段ケージ)には飛び上がれないものね。




「かか~、僕の部屋まで抱っこして連れて行って。」
「はい、はい。」
akadango090616_4.jpg
「外に出たい!」
「遊びたい!」
「満足。戻ります。」





赤団子太郎の意志は、強くて、前向きで、はっきりしています。
下半身不随で、オシッコ&ウンチを人の手で搾り出してもらわなくては排泄も上手に出来ない状態にも関わらず、何年も元気に暮らしている理由は、この前向きな強さにあるのかもしれません。


ラブラブだった、同じ下半身不随の「ジョイちゃん」が旅立って半年経ちましたが、赤団子太郎は元気に頑張っています。

いくつになっても

チューリップ組で暮らす、π丸(こまる)ちゃん一家。
左から、ごまちゃん・ななてん君・π丸ちゃん。
goma_komaru_nanaten090616.jpg
あれ・・・?
手がモミモミの仕草に見えるけど、ななてん君、もしかしてπ丸ちゃんのおっぱい飲んでる?

ごまちゃんも、何だか甘えた顔になっているし。
goma_nanaten_komaru090616_2.jpg
いくつになっても甘ったれの子供達です。

【支援物資】8/12VOT受理分

ご支援物資をお送り頂いたご支援者の方々です。
いつも温かいご支援、ありがとうございます。

8/12に担当VOTが、現地より受理した支援物資の送り主様等は、次の通りです。
(左下の続きを読むをクリックしてご覧下さい。)

続きを読む

お礼状メッセージ

先日、VOT礼状担当者宅に現地から物資の送り状が送られてきました。
その中に、かかさんからの感謝のメッセージが添えられているものがあり、おそらく、夜、療養組に戻ってから、みんなの世話や介護をしながら書いたものだと思われます。


葉書に収まる量のメッセージは、後程お届けする礼状に記載させていただきますが、長いものはスペース的に記載が難しく、それぞれの方にメールで送ろうか日記に掲載するか迷った結果、こちらでお伝えする事に致しました。




記載に当たっては、ハンドルネームが分かる方はそれを、分からない方はイニシャルにて表記させて頂きました。
babako_090425.jpg
*******************************************************************


【ちこべい様】
・いつもご支援有難うございます。
新聞紙四日セットに組んでいただけて助かりました。
お時間をとらせてしまった事と思います。

*******************************************************************


【みゆぴぃ~様】

・いつもご支援有難うございます。猫レトルトはお口の痛い子が楽しみにしていますので本当にあっという間に消費してしまいます。助かりました!

・ショコラケーキ、美味しくいただきました。太るので1/8ずつにしました。ごちそうでした。有難うございました。

・いつもご支援有難うございます。カロリーカットチーズはわんこ達に大好評でした。黒缶もバージョンUPした様でにゃん達が喜んでおりました。

*******************************************************************


【がた様】
・いつもご支援有難うございます。ペディグリー、わんこ達大好きです。
・いつもご支援有難うございます。あか団子太郎、ここ2ヶ月程膀胱の調子も良く快食快便です。有難うございます。


*******************************************************************


【R.G様】
・いつもご支援有難うございます。体重管理用フードは高価なので申し訳無いです。でもわんこ達が喜んで食しています。


*******************************************************************


【おおはし様】
・ライトのカリカリは必需品です。有難うございます。

・猫アイムス、わんこアダルト・シニアともに小粒にしていただき有難うございました。やっぱり小粒の方が好き!みたいです。


*******************************************************************


【りえちゃn様】
・キャラット細か目はだんごろべえがとても喜んで食べていました。2年のブランクの間に大分お口が痛くなっていた様で、治療を受けることができてなかったので、今会えて本当に良かったです。だんごにも会いに来て下さいませ!

*******************************************************************


【M.Y様】
・MKヒノキの紙砂は高品質で健康管理に大変役立っています。
冬の膀胱炎の発見もこの砂おかげだと思っています。

・いつもご支援有難うございます。洗剤、わんこフード、新聞紙、ともに庵では毎日大量に消費してしまいます。助かりました。

*******************************************************************


【Y.N様】
・新聞紙、いつも有難うございます。

*******************************************************************


【留守番ねこ様】
・いつもご支援有難うございます。コーヒーは私が頂きました。子犬のフード大変助かりました。おかげさまで皆無事に庵を巣立って行きました。7人の幸を祈っています。

・いつもご支援有難うございます。ティッシュペーパーも重必需品です(笑)遠慮なく使わせていただきました。

・いつもご支援有難うございます。ササミ巻きおいもは意外と好評でした。もちろんわんこ用ライト小粒も好評でした。プレゼントもついていてラッキーでした!

*******************************************************************


【ねこねこ達のママ様】
・お蔭様でちびわんこ達ミルクが大好きで無事皆育つ事ができました。

・子犬フード、ミルク、有難うございました。お蔭様で皆無事に巣立って行きました。

・長い年月いつもご支援有難うございます。
アイムスのカリカリ、高価なので大変感謝しています。

・わんこダイエット食は適応わんこが多いのですぐに消費してしまいます。有難うございました。

・いつもご支援有難うございます。ちびわんこフード有難うございます。庵のHPをいつも見て下さって嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

・いつもご支援有難うございます。アミノプロテクトケア、高価なフードを遠慮なく食べさせていただきました。

・いつもご支援有難うございます。ヒノキの猫砂沢山とても助かりました。感謝!

*******************************************************************


【みゅう4様】
・お手紙をいつも有難うございます。同じ症状名の疾患でも、一人一人進み具合も様子も異なりますので、それぞれの子との日々は代わりがありません。が、皆の事を心配できるからこそ、私自身生きるエネルギーをもらっているような気がしています。

・急いで送ってくださって有難うございます。シーザーは庵の子大好きです。

・いつもご支援有難うございます。5月の決算月のお忙しい時にも庵のHPを見てくださり大変嬉しく思いました。フードはもちろん完食させて頂きました。

・いつもご支援有難うございます。可愛い=姿形が好ましい、と、可愛い=愛しく思う、と人によって違うのでしょうね。愛しい者なら顔形が変わっても、ずっと思いは変わらないはず、と私も思います。

・ペン助かりました。いつも「もう、これ書けない」と言いながらペンを探してましたので・・・。「びしいだちゃん」は一緒に居るという意志が7人の中で一番強く、吠えるということで我を通す子でした。一番長く子犬を過ごしましたので、心も成長しただろうから仕方ないですね。

*******************************************************************


【シャオ様】
・いづれのフードも全て完食させていただきました。有難うございました。

・いつもご支援有難うございます。子犬用食品を沢山有難うございました。なにせ7人なので消費量がものすごく、びっくりでした。お蔭様で皆健やかに成長でき、庵を巣立って行くことができました。

・いつもご支援有難うございます。わんこ肥満用フード有難うございました。全て完食しました。「あっ」という間に。お電話有難うございました。お気立てさんはこの夜中ほとんど眠らず、私の事務仕事を見ています。8/9AM3:18

・長い年月、わんこにゃんこのみならず、私のことまで心をさいていただき本当に有難うございます。真面目に日々やるべきことをやるということでしか、恩返しができそうにありません。どうかお許し下さい。

*******************************************************************


【こう様】
・セレクトプロテイン、大変有り難いです。すぐには効果は出ませんが、使い続けている子は症状が緩和している様です。感謝!

*******************************************************************


【Y.M様】
・ヒノキの紙砂、沢山届くとすごく安心です。感謝!

・いつもご支援有難うございます。チューリップ組みのおりんこちゃん、セレクトが合っているようで、身体もふくふくと毛づやもとても良くなりました。一日2回その時間にはスタッフの動きに先回りして楽しみに食しているようです。感謝!

・いつもご支援有難うございます。洗剤助かっています。お蔭様でわんこ、にゃんこともに清潔なお布団でくつろぐ事ができています。感謝!!
cyu-rippu090605.jpg

耐性菌とコロイダルシルバー

庵では、この夏から「コロイダルシルバー」というサプリメントの使用を始めました。






きっかけは、規定量の投薬を行なっているにも関わらず七夕君の耳血腫の治りがあまり遅かった事で、耐性菌が出ている事が発覚した為です。
耐性菌とは、薬に対して抵抗力を持ってしまった突然変異の菌の事で、これにかかると薬を使っても病気が治らなくなってしまうのですが、耳血腫が全く治らなかった原因はここにありました。そして、投薬以外の方法を探している時にVOTの柿ママから紹介されたのが「コロイダルシルバー」でした。


コロイダルシルバーは、化学薬品等を使用せずに作られた天然のサポートサプリメントで、ケミカルの抗生剤のような耐性菌を作る事がなく、副作用の心配もないというもので、アメリカでは80年ほど前から天然の抗生物質として使用されてきたものだそうです。
非常に高価な為、あまり大勢の子には使用出来ないのですが、耐性菌が出ている子を中心に何匹かに使わせており、先日、現地から「七夕君」と「こまるみけこ」の報告が届きました。








【七夕君】

とても良く効いていて、あれ程治らなかったのが嘘のように耳血腫が治りました。
コロイダルシルバーがなければ他に手の打ちようがなかった事を考えると、本当にこれがあって良かったと思っています。

けれど、治ったと思って止めると、再び痒みが出る事を繰り返しており、まだ完治には至っていません。今度は、治ったかな?と思っても、しばらく止めずに続けて様子を見てみようと思っています。
tanabata_090730.jpg
【こまるみけこ】

チューリップ組で生活する「こまるみけこ」は、もともと虚弱体質の女の子。
そのため、気がつくと具合が悪くなって部屋の隅の方でうずくまっている事も多く、鼻水が出たり、飲み食いが出来なくなる事もしばしばあり、活発に動き回ることも少なく、、探さないと姿を見つけられないような子でした。


この子も耐性菌が出ていた為、医者に相談しながらコロイダルシルバーを飲ませてみたところ、以前より身体がふっくらとしてきて、食欲も出て、良く遊ぶようになってきました。
komarumikeko2_090616.jpg

コロイダルシルバーは、普通ではとても試すことなど出来ない高価な商品です。アフィリエイトのポイントがあったからこそ、こうして皆に使わせてあげる事が出来ました。

七夕君の耳が楽になったのも、こまるみけこが元気に遊べるようになったのも、皆様のお陰です。本当に有難うございます。

お気に入りのおもちゃ~大悲~

大悲(だいひ)、かみかみ棒貰いました。
daihi_090808_1.jpg
「そろそろ返してくれないかな~?」

「やだっ」

相当気に入ったらしく、なかなか離してくれません・・(^-^;)
daihi_090808_2.jpg
大悲は、子犬の頃に大人の犬達と触れ合う機会がなかった為、他の子達と余り上手くやれない子に育ってしまいました。それゆえ、仲良しのららちゃんとしか遊べない上、スタッフも皆忙しい為、大悲をしっかり構ってあげる時間が取れません。


この子の感受性と、賢さを考えると、人ともっと密に触れ合う事が出来れば、とても良いパートナーとして育つ可能性があるのに・・・と思うだけに、可哀想です。


大悲を一匹だけで可愛がって下さる家庭が見つかる事を、切に祈ります。
里親募集についての詳しい内容はこちらをご覧下さい。
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。