スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ!ちほさくこ~緊急手術~

先日、ちほさくこが緊急で目の手術をしました。
おそらく自分の爪で引っ掻いたものと思われますが、眼球に傷が付いた為です。すぐに気がついて病院に連れて行ったので、健康であれば大きな問題になる事もなく済むような症状でしたが、エイズ及び白血病(いずれか、もしくは両方)によって免疫力が落ちている「ちほさくこ」には、この傷は致命的でした。


本来、眼球摘出しなくてはいけない状態でしたが、体力が落ちている事を考慮して、今回は瞬膜フラップの手術のみ行いました。
chihosakuko20080128.jpg
痛みが酷い時、ちほさくこはかかさんの側ではなく、赤団子太郎達のケージ側に敷いた電気毛布の上でじっとしています。手術前はその状態の時も多かったですが、退院した夜は痛みが軽くなったらしく、かかさんの側で眠りました。


しかし、昨日の夜から再び痛がり始め、今朝になって糸が取れて目から出血しているのを見つけました。すぐに病院に連れていきましたが、その後の状態はまだ判りません。

今はとにかく、ちほさくこの痛みが軽くなるよう祈るばかりです。
スポンサーサイト

がんばれ!ちほさくこ~グルーミング~

現在一番しんどいのが「ちほさくこ(※茶)」。
今は、キャラットの細かめフレークを食べています。
毎朝起きると、ちほさくこを確認します。私の首の上か、顔の真横で寝るか、赤団子太郎の横の電気敷き毛布にいます。
しんどい子がいると、しんどいです。(か)
himeka_chihosakuko20090128.jpg

himeka_chihosakuko20090128-2.jpg

himeka_chihosakuko20090128-3.jpg

姫華(※黒)が、ちほさくこをグルーミングしてあげています。
姫華は、さるこ(故)があれだけくっついても、皮膚がくっつく眠り方は許しませんでした。
他の子とくっついて眠るという事は絶対にしませんでした。
この光景には私もびっくりしました。(か)


※(か)はかかさんの文章そのままです。
---------------------------------------------------------------

明日からは2月。
かかさんの雰囲気から、10日が近づくにつれて緊張がどんどん高まっているのが伝わってきます。動物の医療費や薬代等どうしても必要な部分以外、削れる所は全て削って頑張っていますが、まだまだ次回のお給料分の確保は厳しいです。
皆様、連日のお願いで心苦しいですが、どうか引き続きのご協力を宜しくお願い致します。

名前の由来~ちほぽん&ちほさくこ~

さるこの庵の子には一見独特な名前が付けられており、それは大体「仏教用語」「血縁関係」「色や模様が似ている」「以前いた子にあやかって」のいづれかに該当します。
どの名前も、全てその子の幸せを願って付けた素敵な名前です。


「新しく来た子に以前いた子の名前を入れると、二人分呼んであげられるから」
以前かかさんが、VOTのララクナにそう話してくれた事がありますが、今回はそんな「以前いた子にあやかって」のお話をさせて頂きます。

-------------------------------------------------------------------

今から十年程前の話です。


当時、近くの山にある工場の敷地内に秋田犬と思われる体の大きな野良犬が居ました。
かかさんはその子に、「ちほ(好きな場所である高千穂の地名から頂きました)」と名づけて御飯を持って行ってあげていて、ちほは、かかさんにとても良く懐いていました。

その後、その子はそこの工場長の飼い犬になり、その敷地で生活しながら御飯を貰うようになりましたが、時折かかさんが、その山で暮らす他の子に御飯を持っていきがてら「ちほ」に会いに行くと、以前と変わらず大喜びで賭けてきてくれました。

「ちほ」はとても賢い犬で、御飯に不自由しなくなった後も、野良時代にかかさんから御飯をもらっていた恩義を忘れる事はなく、かかさんが来ている時には、例え工場長が「御飯だよ」と呼んでもそちらに行こうとしませんでした。

当時かかさんがあげていたのは、スーパーから貰ってきた廃棄用の生魚やごはんを炊いたもの、一方工場長が用意してくれていたのは、当時のかかさんにはとても手が出ないような美味しそうな缶詰。パンの耳が犬達のご馳走だった当時の生全寺(現:さるこの庵)にとって、工場長の家に積まれた24缶入りの缶詰の箱は、かかさんにとってだけでなく、「ちほ」にとっても眩しいばかりのご馳走に見えたはずですが、それでも、恩義を優先させる義理堅い一面がありました。


美味しい御飯を貰って、犬好きの従業員達にも可愛がられて、幸せな毎日を過ごしていた「ちほ」は、まだ2歳の若さで亡くなりました。飼い犬になってからもずっと山の中を自由に走り回る生活だった為、ある日、鶏を襲う野犬対策に付近の住民が撒いた毒餌を食べたのが原因でした。

かかさんがその事を知ったのは、それから少し経ってからの事でした。
「ちほ」が夢に現れた事で妙な胸騒ぎを覚えたかかさんが、無理やり時間を作って「ちほ」に会いに行った時、少し前に亡くなったと聞かされたそうです。

鎖で繋がれっぱなしで一生を終えるより、短くても、思う存分走り回って人生をまっとう出来て幸せだったんだろう。それが判っていても、出会って2年で逝ってしまった事を思うと、今も時々「ちほ」の事が心に浮かぶそうです。(掲載当初2歳と書きましたが、後日確認したところ間違いが判りました。申し訳ありません。)

ちほぽんの「ちほ」はその子から頂きました。
chihopon_name20090120.jpg

そしてもう一匹、ちほさくこの「ちほ」もその子から貰ったものです。
ちほさくこは、当時「ちほ」から御飯を貰っていた野良の子猫でした。他にも2匹程一緒に居た中で、保護出来たのがちほさくこだけでした。
chihosakuko_name20090120.jpg
ちほさくこは現在闘病中。
元気になるようにとの思いを込めて、首輪に赤いリボンを付けてもらいました。


------------------------------------------------------------------------------------------
1月もあと少しで終わります。
昨日もお願いさせて頂きましたが、あと10日余りで次回の給料日がやってきますが、庵には現在ほとんど残高がありません。引き続きご支援の程を、どうか宜しくお願い致します。

緊急のお願い

現地から、大至急のお願いが入りました。


次回の給料日まであと10日あまりとなりました。
先程郵便局と農協に行きましたが、両方の金額を合わせても、2/10までの動物病院代を捻出するのが精一杯で、お給料分は全く確保出来ていない状態です。

rikoko200812.jpg

人手があってこそ、今の状態を何とか維持できます。
いつもお願いばかりで大変申し訳ありませんが、どうぞご支援の程宜しくお願い致します。

写真:りここ

祝!ちほぽん&六華(ろっか)&根笑(ねえ)君

ちほぽんに「びびさん」という素敵なダーナーさんが出来ました。
「ちほぽん」はわんこチームの頼れるボスで、誰かに喧嘩を売られても絶対相手に噛み付いたりしない強さがある、格好良い男の子です。


びびさん、ちほぽんの事をこれからどうぞ宜しくお願いします。
chihopon_dana200803.jpg


そして、嬉しいお知らせがもう一件。
ちほぽんより少し若い六華&根笑君の姉弟(兄妹?)にもYさんという優しいダーナーさんが出来ました。二人共甘えん坊で無邪気な性格をしていて、人を見ると我先に甘えようとして駆け寄ってきます。
Yさん、六華&根笑君の事を、これからどうぞ宜しくお願い致します。

根笑君
neekun20090120.jpg

六華ちゃん
rokka20090120.jpg

がんばれ!お気立てさん~側面の毛布~

体調が悪い子には出来るだけ暖をとれるよう工夫していますが、ケージ側面にかけられた黄色い毛布もその工夫の一つ。これがあるだけで、空間内に暖かい空気が溜まって快適に過ごせます。
今までは洗濯が間に合わない時は、比較的暖かい日は無しで過ごしてもらう事もありましたが、先日送って頂いた乾燥機のお陰で、毎日側面の毛布をかけてあげられるようになりました。暖かさが増した個室で、お気立てさんは今日も点滴しながら頑張っています。
okidate20090120.jpg

夢の実現~素敵なプレゼント~

ビッグニュースです!!
ひむ太郎のダーナーさんが、乾燥機をプレゼントして下さりました。
これからは、元気な犬達も毎日暖かくて柔らかい毛布の上で眠れます。


どんなにエアコンで暖かさを保っていても、固い床より柔らかくてフカフカな毛布の上の方が安心して居られるのは、人も動物も同じ。それが判っていても、乾燥機一台では全員の衛生状態を保つ事が出来ない以上、猫や老犬等の弱い者を優先し、比較的若い犬達には汚れたらすぐに取替えの利く新聞紙で我慢してもらうしかありませんでした。
余程寒い日にはスタッフが頑張って毛布を敷いてあげていましたが、翌日は汚れた毛布の山が二つ、人の背丈程の高さまで積み上げられる事になり、その山が消えるのに数日が必要でした。それでも、今年はそれで乗り切るつもりでいましたが、そんな中、ひむ太郎のダーナーさんが今回のご支援のお申し出をして下さりました。


取り付けの前日、この付近はとても寒い一日でしたが、スタッフ一同「明日からは思う存分洗えるんだ!」と、ワクワクしながら、心おきなく全員にフカフカの毛布を敷いてあげる事が出来ました。お陰で取り付け直後から早くも乾燥機はフル稼働。
スタッフは忙しいながらも嬉しそうに、洗濯物の山を抱えて行ったり来たりしていました。


まさか、こんなに早く全員が毎日毛布で眠れるようになるなんて思っていませんでした。
どれだけ毛布を洗っても、二台の乾燥機がそれをドンドン乾かしてくれて、夢のようです。
乾燥機は大切に、大切にずっと使用させて頂きます。
本当に有難うございました。


現在、さるこの庵は次回の給料をなんとか準備しなくてはいけない厳しい時期にあります。かかさんも眠れない夜を過ごしています。けれど、それとは別にどうしてもこの明るいニュースを皆様にお知らせしたくて、今回日記に掲載致しました。いずれ現地から写真が届きましたら、またこちらにてご紹介させて頂きます。

himutarou20090108.jpg
「ママ、ありがとう!」
わあハウスで暮らす犬達を代表して。ひむ太郎より

雪の話

今年、さるこの庵付近は雪が多いです。
けど、もともと、この辺りはそれ程雪が降るような地域ではないので、みんな雪道には慣れていません。スノータイヤを付けている車も少ないので普通のタイヤで恐々走ってはスリップしているという光景も結構見られるし、流通もすぐにストップして、あっという間にコンビニからおむすびやお弁当等の御飯ものが消えてしまうような所です。

そんな土地柄の上、スタッフ全員が車での通勤という事を考えると、雪の日は当然遅刻しても不思議ではないにもかかわらず、全員定時に集合して普段通り仕事をして下さります。
朝一番に各部屋の室温を確認して回り、皆の体調を確認し、ケージから出したり、新鮮な水をあげたり・・・。余りに普通に仕事をしているので、気になって訊ねてみた所、全員、雪で交通が乱れる事を見越して早く出てきてくれて、中には通常30分の道を2時間かけて来てくれた人も居た事が判りました。

「さるこの庵でみんなが待っているから」

全員がそう考えて下さっていた事を知って、嬉しくて、有難くて、もうどう表現したら良いか判らないような声で、その晩かかさんから電話が入りました。
さるこの庵は、本当に素敵なスタッフに恵まれました。皆さん有難うございます。

*****************************************************************************
この位の雪が降ると、この付近では交通が乱れて大変な事になります。
yuki200901.jpg

今、一番体調に気をつけている内の一匹が梅組の「ちびかかさん」
高齢の上、身体が弱っているので少しの寒さが命取りになりかねません。
それゆえ午前中の担当になった人は、朝一番に梅組に入る時、ちびかかさんの容態を考えて心臓がドキドキするそうです。
chibikaka_200901.jpg

あと2週間強で次のお給料日がやってきますが、前回分の給料及び光熱費の支払いの為、手元にはほとんど現金が残っていない状態です。
どうか、引き続きのご支援を宜しくお願い致します。

がんばれ!すねっちぃ?

梅組のすねっちぃ?(正式名称がすねっちぃはてなです。)
先日かかさんからの手紙に、すねっちぃ?のコメントがありました。
--------------------------------------
去年の夏か秋までには各検査は済ませてあり、様子を見ては定期的に検診も受けています。口内炎も酷い方なので、内服、サプリ等を利用して対策にも気を使っています。
なかなか毛並みがもとに戻らないのが気になっています。
--------------------------------------
sunecchi20090108.jpg

洋服の理由~さるぎり君~

梅組の古株「さるぎり君」
洋服を着ているのにはちゃんと理由があります。

さるぎり君をはじめ、庵で暮らす子の多くは口内炎を患っています。
それぞれの症状に合わせて痛み止めを処置しているのですが、まだスタッフが少なかった頃、大勢の子に錠剤を飲ませる時間はとても取れず、この処置は主に注射で行ってきました。ただし、その場合、注射の仕方やその子の体質によってはアレルギーが出る事があり、さるぎり君はこの痒みで背中を掻き壊してしまい、これ以上掻き壊すのを防ぐ意味で洋服を着ることになりました。男の子用としては、かなり可愛いですが・・

スタッフも仕事に慣れてきて、更なる仕事を任せられるようになった事もあり、この事をきっかけに庵では注射を止めて内服に切り替えました。最近では口内炎対策にサプリも併用しています。
いつも書く事ですが、人手があるというのは素晴らしい事です。

sarugiri200901.jpg

sarugiri200901-2.jpg

sarugiri200901-3.jpg
次のお給料日は2/10。
支払いのことを考えて寝付けない夜が始まりました。
いつもお願いばかりで恐縮ですが、皆様、どうぞご支援の程を宜しくお願い致します。
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。