スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後日談~工場の向こうへ帰っていったボス~

おりごんもどきは何年も前からこっそり御飯を食べに来ては、だんごろべえに追い払われていた外猫です。だんごろべえが去った後、現地から送られてくる写真にこの子の姿を目にする事が増えました。
origonmodoki20080909.jpg

隙を伺いながらウッディコーナー(梅組)の猫用カリカリに近寄るおりごんもどき
origonmodoki20080825.jpg
スポンサーサイト

一枚の写真におけるそれぞれの世界

ある日の梅組にて。

左:茶々(ちゃちゃ)
中央:独園(どくおん)ちゃん
右:愛光夢(あいりん)

cyacya_dokuon20080909-1.jpg
cyacya_dokuon20080909-2.jpg
cyacya_dokuon20080909-3.jpg
cyacya_dokuon20080909-4.jpg
愛光夢、完全に別世界です。

人手と口腔ケアの関係

ururu200803-1.jpg
久しぶりに登場、チューリップ組の「うるる」
痩せた小柄な子でしたが、最近ちょぴり太りました。
毎月の人件費捻出は厳しいですが、人手が増えて、口のケアをしっかりしてあげられるようになったお陰で、以前より食事が進むようになりました。

知足子(ちそくこ)ちゃん


チューリップ組で生活しています。
人が大好きな甘えん坊で、作業している人に抱きつくように、飛びついてきます。
穏やかな性格でのんびりしており、大勢の中でも自然に生活できる協調性のある女の子です。

ダーナー:さいとう(VOT)

いら椿を偲んで

いら椿の名札は「椿」の部分が汚れて読めなくなっていました。
その為、近所の子供達には「いら」と呼ばれて可愛がられていました。
「いら~、いら~」
と、いら椿を呼ぶ子供達の声が、時折、作業中のかかさんの耳に聞こえてきていたそうです。
iratubaki_niji20081002.jpg
大勢の人に愛されながら虹の橋へ旅立った、いら椿。
iratubaki_niji20080704-2.jpg
iratubaki_niji20080704-3.jpg
今頃は先に旅立った仲間達と再開している事でしょう。
左:故のうちゃん
iratubaki_niji20080202.jpg
たくさんの楽しい思い出をありがとう。
iratubaki_niji20080523.jpg

訃報:いら椿

いら椿が10/20に虹の橋を渡りました。
かかさんが他の部屋で仕事をしている間の旅立ちでした。

前日はいつものように刺身も堪能し、当日もa/d缶の食べる量が普段より少ない以外は普段通りの様子で、布団の上で気持ち良さそうに眠っていました。
3時間程仕事をして部屋に戻った時、いつもならいち早くドアのところまで向かえに来ているいら椿の姿が無く、ベッドにも居らず、まさかと思ってベッドの裏を見ると、そこで亡くなっていました。おそらく、それ程長く苦しまずに逝けたのではないかと思います。
いら椿のご冥福をお祈りしています。

下記は「がんばれ!いら椿~じっと見つめて~」というタイトルで生前に準備していた写真です。どうぞ見てあげて下さい。


iratubaki20081002.jpg
最近、いら椿はかかさんの事をじっと見つめている事が多い。
他の子の世話をしている時、
皆の御飯を作っている時、
出かける為に着替えている時、
車の運転をしている時・・・
気がつくと側に居て、じっと見つめている。

その目を見ていると、
「この子は私の事を心配して、あの世に戻れずにいるんじゃないだろうか」
と、そう感じる時があるそうです。
何故かは判らないけどそんな風に思えるそうです。

だんごろべえ~工場の向こうへ帰っていったボス~

長い間猫達のボスだった「だんごろべえ」
さるこの庵から「だんごろべえ」が居なくなってもう1年半が経ちます。
ずっと昔に近所の工場の向こうからやってきたこのボス猫は、
去年の春、再び工場の向こうにフラッと帰っていきました。

同じ年の秋に一度だけさるこの庵に戻ってきましたが、
かかさんの顔を見て少しの間広場でくつろいだ後、再び何処かに去っていきました。
高齢である事と(多分10才は超えていると思います)、口の痛みがあるのが心配でしたが、痩せもせず毛並みもいつも通りで安心したと伺いました。そして、折角戻ってきてもすぐに何処かに行ってしまった様子を見ると、他所に自分の居場所を見つけたのかもしれないとも。
もしかしたら、もっと自分を必要としている人を見つけたんじゃないかという気がします。

いつか再び戻ってきてくれるような気がして、今まで此処でお知らせするのを待ってしまいました。だんごろべえが何処かで幸せに暮らしている事を祈ります。

2006年冬撮影
dangorobe200612.jpg

2006年冬撮影
ぶうぶう号に乗って一緒に出かけるのが好きでした
dangorobe200612-2.jpg

再び旅に出てしまった「だんごろべえ」
dangorobe2007-3.jpg

誰かに愛されて、幸せに暮らしている事を祈っています
dangorobe2007-4.jpg

爪きり

今日は梨利子ちゃんの爪きり。
これが終われば指先すっきりだから、ちょっとの間我慢してね。
ririko20080909-1.jpg
ririko20080909-2.jpg
でも・・・こんな大きなハサミが迫ってきたら、普通に怖いだろうなぁ(^-^; 

がんばれ!いら椿~a/d缶~

療養組の「いら椿」はすい臓に疾患があります。
大分身体が痩せてきて、皮下点滴をする際に針を打つ為の筋肉を捜すのにも苦労するようになりました。いつも下痢気味ですが食欲はまだ衰えておらず、皆様から送っていただくヒルズのa/d缶(いら椿の分を含め、1日5~6缶使用します)を食べて頑張っています。
いら椿、がんばれ!
iratubaki_dokuon_ginkoko_nanchin20081002.jpg
梅組の皆と一緒に撮影。
背骨が浮いてきたのが判ります。
犬---左:銀幸子(ぎんここ)ちゃん 右:なんちん
猫---左:独園(どくおん)ちゃん 右:いら椿

祝!知足子(ちそくこ)ちゃん

chisokuko20080729.jpg
チューリップ組の知足子ちゃんにダーナーさんが出来ました。
・・といっても、ダーナーは私さいとうです。
7月6日にくまらが逝去した後、誰か次のダーナー子を決めなくちゃと思いつつ、
なかなかその気になれずに随分時間が経ってしまいました。
どの子も皆それぞれに魅力があり悩みましたが、以前から表情が気になっていた知足子ちゃんをダーナー子にさせて頂きました。
くまらと同じこげ茶で長毛の知足子ちゃん、これからどうぞ宜しくお願いします。
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。