FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年5月発行号

※抜粋掲載。 さるこの庵を応援して下さる皆様へ
いつも御支援有難うございます。かかです。
今日はついさっき動物病院へにゃんこ17人、わんこを3人代行さんに連れていってもらいました。お口の痛い子の定期的な痛み止めの注射や、食欲が2~3日落ちた子、血尿が出るようになった子等々・・・
担当の先生が3連休をとられていたので、その間にもいろいろな事がありました。
今迄経験してきた事や先生のアドバイスを思い出し、その子その子にあった処置をして病院へ行きます。納得いくまで治療をし、それぞれ病気や身体に痛みがあっても、なるべくいつもの生活ができるように努めています。
先日盲目のわんこがさるこの庵の一員になりました。気難しいです。お口から薬を飲ませる事も、目薬をさす事もあきらめなければいけませんでした。「ガウッ!」と、私の手の方へ牙を向けます。愛光夢(あいりん)と名付けました。この子の目に明るさが差し込む事がもう無理ならば、せめて心の中にだけは愛情という光が届きますように。そして暖かい夢思いができますようにと、そういう思いで付けました。
ここ2~3日、おしっこをしたあと後ろ足で草かけをする時、見えないはずの目で私の顔を見上げるようになりました。ウッディコーナーの自分の定位置で「死んでいるの!?」と思う位ぐっすり眠るようになりました。ケアルームのなんちん達がお散歩に行く時は、自分もてこてことドッグランの入り口迄来ようとします。でもフィラリアのため心臓が大分悪いと診断されたこともあり、他の子とテンポが合わないので後で別に行くようにしています。
私は愛光夢から自分の世界が真っ暗になったらどういう気持ちになるだろうという事を学びました。それは、その状態を想像する事でしか体験できません。でもその想像するという事が『思いやり』へとつながっていくのではないでしょうか。
ここ数年間、毎日のようにニュースで流れる大人や子供による残虐な事件、人間性のかけらも無い色々な事件・・・。自分や、自分の血を分けた子供でなくても、想像さえすれば相手の痛みがわかるはずです。人間同士傷つけ合ってそれが一体何を産むというのでしょう。
Mちんがさるこの庵で働いてくれるようになって半年頃、私は自分の身体に生命力が全く無いような気持ちがしていました。呼吸をするのもきついような感じでした。
それからだんだん朝仕事を始める時間が遅くなってきました。それでも朝9:00には皆を乗せて動物病院へ出発しなくてはいけません。
そういう日々を続けていく内、やがて日中起きあがれなくなりました。そして、春・夏・秋・冬。真っ暗になって、やっと皆の顔を見に行く事が出来るという日々が続きました。次の春が訪れ、夏も本番になるという頃、Mちんの様子がおかしい事に気付きました。随分体調が悪くなっていただろうと思います。そこまで、さるこの庵の子供達の為に自分を犠牲にして頑張ってくれたのです。
Mちんは私には一言も愚痴を言いませんでした。
「早く元気になって、皆のお仕事が出来るようになりたい」
自分自身のそんな気持ちとは裏腹に、くる日もくる日もだるい日々が続く中、私が自暴自棄にならずに何とか現在を迎える事が出来たのは、Mちんの献身的な行動とたくさんの方々の庵の子達への御支援のお陰だと思っています。これからの日々は、その御恩返しに尚一層生命への御奉公をさせていただきたいと、思いは募ります。
さるこの庵ではわんこ・にゃんこの救助活動をしているという感覚は全くありません。花であれ、動物であれ、生きとし生ける者は生命を全うする権利があるはずです。
その権利を人間の手によってついばまれそうになった子達が、その生命を全う出来る場とさせて頂きたいと願っています。そしてその場を支えて下さる方々にとっても働きやすく、そこで人生を過ごすわんこやにゃんこ達にとっても快適な場になれるようにしなければならないという事を、私自身やMちんの事も考えて強く思います。その為に出来るだけの設備を整えたいと努力しています。どうか皆様お力をお貸し下さい。
さるこの庵はわんこやにゃんこの綺麗な魂と、支援して下さる皆様の動物への深い慈しみと、働く人達の「この子達の為に」という清らかな思いで満たされていると思います。またそういう場であり続けたいと願っています。
たくさんの方々の御支援・御協力をお願い申し上げます。

かか


 
用水路の中に遺棄されていた愛光夢:保護当日 蓋の壁に頭をぶつけながらウロウロしていました
わあわあ広場:整地後
地盤が他所より低いため、高台からの雨水によって土が流れ、配管が露出して土地が傾斜していました。
今後夏の暑さと雨避けの為、全体に屋根を掛ける予定。
【虹の橋へ旅立った仲間達 2006年12月~2007年5月】
 うるちゃん 2006.12.2
 らごら太郎君 2006.12.12
 小太郎君 2007.3.10
スポンサーサイト

わあわあ広場、屋根設置へのご支援のお願い

間もなく、現地にとって厳しい季節である夏がやってきます。

今まで夏の暑さを乗り切ってこれたのは皆様が支援して下さるパラソルがあったお陰です。これがあったからこそ、犬達が熱中症を起こすことも最小限に留められていました。
夏になって、送って頂いたたくさんのパラソルが広場に並ぶのを見ると、「これだけ多くの人達がさるこの庵を見守って下さっているのだ」と実感出来、かかさんは心の底から嬉しかったそうです。
屋根のないわあわあ広場に、皆様の好意で送って頂いたビーチパラソルを設置する事で夏の暑さに対処し、その日陰で犬達を強い陽射しから守ってきました。
このパラソルの支援がなかったら・・・、そう思うと怖くなるほどです。

きっと既に、「現地にパラソル支援を・・・」と考えて下さっている方々もいらっしゃるかと思います。
そんな中、そして前回の設備支援から日も浅い今、再度「わあわあ広場の屋根」を設置するためのお願いをするのは心苦しいものもあります。ですが、パラソルを設置し、また陽射しに合わせて動かしたり、倒れたものを設置し直したり、という作業をひと夏続ける体力は、現地には最早僅かしか残っていません。

先のGWにかかさんの体調が悪い事をお伝えさせて頂きましたが、今もそれは相変わらずです。なんとか日中は仕事が出来るようになりましたが、夕方以降は体力が尽き、食事もあまりできず、眠りも浅い状態が続いています。
去年若いMちんが身体を壊してしまった程の夏の日中の作業、これは今のかかさんにはとても無理です。健康な人間でも、一日の仕事が終わる頃には、疲れでパラソルの土台に躓いてしまうこともあります。
一日数時間づつ来て下さるパートの方々もいますが、同じ事を要求してMちんの二の舞いにすることは防がなくてはいけません。

もしも再び人間が倒れる事になれば、動物達の世話が滞ります。現地には既に10才を超えた高齢の犬達も多く、人間の手が回らなければ、ちょっとした事で熱中症をおこし、それが命取りにもなります。そうならない為にも、本格的な暑さが到来する前に工事に取りかかりたいと考えています。

またカーポートを設置することによって、小雨程度であれば犬達を広場に出すことも可能になります。
急な雨でも、すぐに犬達が濡れること、泥で汚れることも防ぐことができ、犬の身体を拭いたり(犬達は雨が降ると、早く家に入れてもらおうと、小屋の外で濡れたままかかさんを待っています)、頻繁に新聞紙を敷き変えるといった作業も軽減されます。広場にあるストックケースが濡れることもなく、いつでも必要な時に、無事な物資を取り出すことができます。

一つ一つは小さなことですが、それら積み重なることで、犬達の健康、世話をする人間の作業軽減、そして様々な費用の軽減が可能になります。

【設置について】
単管を骨材として塩ビ板などとの組み合わせ、もっと丈夫な柱を利用して現地に合わせた屋根を作る、といった案もありましたが、現地の風の強さ等を考慮し、最終的に
●価格、耐久性、メンテナンスを兼ね備えるのは既存のカーポートを利用する
という結論になりました。

waawaahiroba.jpg
※このスペースに屋根を掛けます。

【設置手順】
まず基礎工事を行います。冬の寒さを考慮して地面は土のまま残しますが、柱部分の周囲には80㎝程の深さまでコンクリートを流し込み、耐久性を確保します。使用するカーポートは8台分で、それらを繋げて設置します。雨樋付きの為、雨水は道路に流れ出る事になります。

カーポート8台分はわあわあ広場の半分の面積に相当します。残り半分に屋根をかけない理由は、冬場日光を確保する為です。
遮光タイプの屋根は夏場は良いのですが、冬は寒さが問題となります。屋根のない場所があれば、冬は犬達をそこに繋ぎ、陽射しを確保する事が出来ます。
夏場に屋根のない部分を利用する際は、今迄御支援頂いたパラソルをと足場を活用させて頂きます。陽射しの動きを考えながらパラソルの移動をする必要がありますが、屋根を設置する事で、今迄は犬1?2匹に1本程度だった本数もぐっと減る為、作業も大変やりやすくなります。

カーポート設置後も、現地は風が強いため、破損の可能性が考えられます。これは保険に
加入することでカバーします。万が一の時にも無料でメンテナンスをして頂けます。

【費用について】
人件費、基礎工事等の設置費用、税金等全て込みで180万円です。1台分に換算すると一般の価格より随分安いのですが、8台分ですとかなりの額になってしまいます。
ですが、犬達の頭数を考えると8台はギリギリのラインです。
台数に関しましては、何卒ご理解の程、よろしくお願いします。

支払いは業者の厚意により、年末まで待って頂けることになりました。(ですので、正確には「緊急支援のお願い」ではありません。)
つきましては、上記のことを踏まえて、可能であれば、通常支援とは別にこの「広場屋根設置支援」にもご賛同・ご支援頂けますよう、お願い致します。

【集計について】
これまでのご支援同様、皆様からのご寄付の金額を集計することで、目標達成への一助としたいと考えております。
また皆様のお手を煩わせることになりますが、ご寄付金額を、下記のメールアドレスまでご連絡頂けますよう、お願い致します。集計金額につきましては、定期的に掲示板にてご報告をさせて頂きます。

hiroba_yane_shien@sarukonoiori.com

上記のリンクでメールが起動しない、文字化けするなどの不具合があった場合は、下記のリンクをご利用下さい。(IE&OEなどの場合はこちらを推奨)
hiroba_yane_shien@sarukonoiori.com 

いずれの場合も件名は変更せずにお願いします。
上記のいずれもが、件名に文字化けが起きた場合は、件名には「わあわあ広場屋根設置支援」とご記入下さい。)



支援金のお振り込み先

【郵便振替口座】
 口座番号/01710-6-40233
 加入者名/さるこのいおり

【金融機関口座】
 福岡みやこ農業協同組合/本所
 口座番号/(普)0000534
 口座名義/さるこのいおり


※郵便振込の際、通信欄に「わあわあ広場屋根」とお書き添え下さい。

ケアルームで昼寝中

nouchan_3.jpg
のうちゃんかな?このアングルだと誰か分かりにくい・・
すっごくくつろいでいる事だけは伝わってきます。

(文:さいとう)

じょいちゃん、脱走の瞬間

joychan_1.jpg
最近赤団子太郎を見習って、ベビーベッドから脱走するようになりました。

ぬいぐるみ特集1

akatan_200705.jpg
あかたん

2階に健康な子達のための部屋が出来た後、かかさんはリサイクルショップでぬいぐるみと椅子を購入したそうです。
どれも猫達に大好評で、皆それぞれ好きな場所で寛いでいるようです。
寄り添い、揉み揉みしているのは、もしかして記憶のどこかに残っているお母さん猫を思い出しているから・・・かもしれません。
だって、柔らかくて、温かくて、かかさんの愛情が詰まっているぬいぐるみ達ですから。

(さいとう・柿ママ)

ぬいぐるみ特集2

uriurikun_5.jpg
うりうり君

ぬいぐるみ特集3

akao_1_200705.jpg
akao_2.jpg
あかお君

ぬいぐるみ特集4

himeka_sakura_200705.jpg
姫華とさくら

ぬいぐるみ特集5

koirakochan_4.jpg
こいらこちゃん
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。