FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柵等の設置について ~かかさんからのメッセージ~

さるこの庵を応援して下さる皆様へ

 桜の開花が話題になる頃となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 お陰さまで庵では、にゃんこ達のエイズ・白血病を気にしなくて良いようになり、皆好き好きな所で暖をとったり、夢を見たり、走り回ったりしています。病を持つものにはその治療を、もたない者は病にならないよう気を気張りながらの毎日です。
 わんこ達にとってこの1ヶ月はつまらない日々だったと思います。敷地内の工事が行われていた為、ほとんどお外には出られませんでした。朝、夕に5~6人の人手があれば、せめて散歩に連れて行って気晴らしさせて上げられたのですが、残念ながら今の庵にそこまでの人手はありません。ドアの開け方を知っているぽんこちゃんと、それに便乗したこんこちゃんが、2回脱走しました。室内での時間が長かった為、少しけんかも増えました。ひむ太郎は壁に直径40cmと30cmの穴を開けてしまいました。余程暇だったのでしょう。でも、そういう日々もあと数日です。来週末になれば、また犬小屋を並べて外で過ごせる様になれると思います。
 敷地内が平らになりました。当たり前の事のようですが、ここではそうではなかったのです。下水道のポンプが土で埋まりました。(今迄は雨で土が流れ出した事により、地上に露出していました:さいとう)もうすべって転ぶ心配もあいません。
 道路からそのまま玄関口へ台車で物が運べるようになりました。普通の事のようですが、ここではそうではなかったのです。2度目の台詞ですが・・・。

 数年前、ラティスとアーチでそれまでよりも外見が良くなった時、タクシーの運転手さんが
「ここ、何やっている人でしょうね。」
と、いいました。私がその瞬間
「ここでいいです。」
と、言ったので、すごくその場がシーンとなったのを覚えています。
 また別の人からは
「お墓参りに人を案内する時、ここの前を通ると『犬屋』と言われて恥ずかしい。」
と、言われました。『犬屋』って何屋さんでしょうか・・・。

 その家の人間がこんな感情を他人様から持たれていたのです。わんこやにゃんこは達はどんな目で見られていたのでしょうか・・・。
 もう、わんこやにゃんこ達に、そんな思いをさせなくて済みます。そして私自身もさるこの庵の門の前に立てます。中にたくさんのわんこやにゃんこが居ても、外を通る人が不愉快な思いをせずに済むよう配慮した外構にしました。病気のにゃんこ達が遊ぶウッディコーナーも、わんこ達のミニドッグランも、健康なにゃんこ達の為のジュジュのベランダもそうです。見た人が、穏やかで暖かい気持ちのするようにと考えました。
 やっと入れ物の形がまとまってきた所です。中身は医療的な面でホスピスに近い形迄充実していると思います。皆様のわんこやにゃんこへの暖かい思いが良い形で実っていると思います。
 さるこの庵は、人間の身勝手で生命をもてあそばれたり、奪われかけてしまったわんこやにゃんこが、安心して命を全う出来る終の住処です。たくさんの皆様の命へに対する思いの結晶です。有難うございます。どうぞ設備投資への御支援を宜しくお願い致します。心からお願いを申し上げます。

3月23日 さるこの庵 かか
スポンサーサイト

団欒

danran.jpg
手前から
なんちん、赤い首輪をした黒猫が姫華、青い首輪の白猫はだんご太郎君?
タワーの中がもしょもしょくりん?
一番上の子は誰だろう?

(さいとう)

カメラ目線

taigaa-dangotarou.jpg
この写真だけでは自信がないですが、多分手前がたいがあ君。
後ろの白猫がだんご太郎君。

(さいとう)

姫華

himeka_2.jpg
暖かいストーブを独り占めする姫華。

(さいとう)

小太郎ちゃん

kotarou1_0703.jpgkotarou2_0703.jpg
先日小太郎ちゃんが虹の橋へ旅立ちました。
ケアルームで、青い首輪の白猫は小太郎ちゃんの他にだんご太郎という子も居ました。時々手伝いに行く程度の私は、二匹の見分けが付かず、その苦労もまた楽しかったのに・・・知っている子の訃報は特に寂しいです。
3/14に荼毘に連れていったそうです。
小太郎ちゃんの御冥福を祈ります。

柵等の設置について ~その後のご報告2~

※コメント;さいとう
斜めになって歩きにくい土地を平らにするのは、庵にとって長年の夢でした。
これで雨が降った後、その後長く水たまりが出来てわんこ達の居場所が無いという事もなくなります。
土地が平らになれば、何か緊急の事態が起こっても、人がスムーズに動けるようになります。
本当に、本当に嬉しいです。
 

門と柵の写真は、とりあえずまだ工事中のものですが、雰囲気だけは伝わるかと思います。
きちんとした門がある事で、近隣からも「ちゃんとした設備」と見て
もらえるようになります。庵の子達に「普通の家庭の子」らしい雰囲気の中で
生活させてあげたい一心で、かかさんが頑張って作りました。
柵はまだ途中ですが、これがきっちり出来ればワン達の脱走が相当防げるようになります。
この後、まだ色々作らなくてはいけない部分がありますが、大事なポイントが
出来つつあります。庵にこんな日が来るなんて夢のようです。皆様のお陰です。

瞑想

ginkoko_200703.jpg
しているかのような銀幸子ちゃん。

色んな表情を驚くほど見せてくれる庵の子達。
かかさんとの絆や、その心の交流の深さを教えてくれます。


(柿ママ)

銀幸子ちゃんの目力!?

ginkoko1_0703.jpg
こんな目でじっと見上げられたら、思わず「ムギュ~~~ッ」と抱き締めたくなっちゃいますね。


(柿ママ)

いいこさんと銀幸子ちゃん

iikosan_ginkoko_200703.jpg
ケアルームで生活する銀幸子ちゃんは面倒見の良い女の子です。
猫達とも仲良しなので、今日はいい子さんの顔を舐めてあげています。
この写真の後、
「いいかげんしつこいのよっ!」
とパンチされたらしい銀幸子ちゃん。
聞いた時、可哀想だけど笑っちゃいました。

(さいとう)

ひむ吉

himukichi.jpg
どこを、何を見つめているのかな?
何だかとっても凛々しく見えるよ、ひむ吉。

(柿ママ)
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。