スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫ごん

himegon.jpg
重ねての訃報、そして重ねて遅れてのご報告のお詫びとなりますこと、お許し下さい。

姫ごんも、腎臓が悪化して美尾太くんと同じ9月中旬に亡くなりました。
とても美人で、「可愛いね。美人だね。」とかかさんに言われ続けて大切にされていた、女の子らしい子でした。以前にUPした画像ですが、かかさんに愛された姫ごんの姿をご覧下さい。
姫ごん、美尾太くんや他の皆と一緒に庵を見守り続けてね。
合掌。
柿ママ
スポンサーサイト

美尾太くん

miota.jpg
もしょもしょくりんと同期の古参です。
腎臓が悪いので、毎日点滴が欠かせません。時々吐き気もあるので薬の内服もします。
口の痛みも増して来たので、週に一度は通院しています。

※美尾太くんの訃報のご連絡が、こんなにも遅くなりましたことを、支援者の皆様にお詫び致します。
この文章と写真が、かかさんから届いた直後の9月中旬に、美尾太くんは亡くなったそうです。
「え?」と思うくらい突然だったそうです。
美尾太くん、安らかに。天国の皆と一緒に、かかさんやめぐちん、庵の仲間達を見守って下さい。
合掌。
柿ママ

きっしぃ

kissy_1.jpg kissy_2.jpg
首の所に大怪我をしていた野良猫「おりごんもどき」を治療に連れて行く為に仕掛けた捕獲機に、入っていた「やがいら」の子供です。性格は穏やかです。
この時は捕獲機に入れた唐揚につられて「うる」や「いら桜」や「だんごろべえ」が何度も掛かり、情けなかったです。
特に大きな病気も無く、今の所元気に過ごしています。

やがいら

yagaira_1.jpg yagaira_2.jpg
何年もさるこの庵にご飯を食べに来て居た野良猫です。お産をしては子供を連れて来て、子離れするまでここで育てていました。そのしつけの厳しさと子離れ・親離れの儀式は、人間等とても叶わない位立派で感動しました。
去年の冬はストックハウスから全然出て来なくなり、ご飯もろくに食べられなくなっていました。
いつ死んでしまうか気が気ではなかったのですが、今年の7月弱って居たのでようやくゲット出来ました。今はお口の治療を週一回と後内服でやっています。
もう撫でさせてもくれます。嬉しいです。

「にゃぁハウス」の天井と屋根が危険です!!

昨年の台風で破損した「にゃあハウス」ですが、ご存知のように、現在では強化ビニールシートで破損部を覆い、今年の梅雨を乗り切ることができました。この状態で2年は持つと言われています。

しかしながらこの「にゃあハウス」は随分以前から、天井も抜けており、そのため冷暖房の効率が悪くなるなどの影響が出ていたものの、とてもそれだけの予算を捻出することもできず、現在に至っています。さらに、そこへ猫達が自由に出入りをして、おしっこやうんちをしてしまうという問題、そして昨年の屋根の破損による雨漏りの併発で、天井の劣化スピードに拍車がかかっています。
現地では天井と屋根のいずれをも修理することは予算的に難しいとも考えています。屋根の修理は最早部分修理では済まず、全体を修理しなければならない状況でもあるからです。
とは言え、強化ビニールが十分に2年持ってくれるかどうかは、台風が多く、過去にも甚大な被害を被った現地では、あまりにも不確かです。そして天井も、いつ落ちても不思議はありません。
tenjou_p.jpg tenjou_m.jpg
「にゃあハウス」
ぽんこちゃん達が夜を過ごすケー
ジがある部屋の天井の状態です。
「にゃあハウス」
丸達が夜を過ごすケージが
ある部屋の天井の状態です。

通常のご支援に重ねて、このような緊急のご支援をもお願いしますのは、大変心苦しいものではありますが、かかさまやMちん、そして庵の子達の安全性を第一に、皆様のご協力を仰ぎたく、告知させて頂きました。
知り合いの業者さんにおおまかな修理の見積もりをして頂いたそうです。
山口に在住の方で、ご自身も動物保護活動に携わられていることから、可能な限り、安価で修理をすると仰って下さってます。
屋根は全体修理で50万前後。天井は修理個所が6箇所あり、一般的には50万程度とのことですが、猫達が排泄を繰り返していることもあり、通常よりも費用が高くなることも考えられますので、70万程度を想定しています。

~支援者の皆様~
上記のことから、
「第1目標:70万、第2目標:(第1目標にプラス50万の)120万」
と考えています。
ご支援をお願いする際に、目標を提示することの是非に迷いましたが、今般の皆様の掲示板でのご意見等から、全員が一丸となってこの支援を成し遂げるため、目標額の提示という形を取らせて頂きました。
しかしながら、現地で逐次、口座の確認を行うのは、大変難しいのも事実です。
そのため、ご支援頂く皆様には大変お手数ではありますが、下記のメールアドレスへ、ご寄付金額をお知らせ頂けますよう、お願い致します。
ご連絡頂きました金額に関しましては、その人数と集計金額を「生全寺掲示板」にて、毎週末ごとにご報告をさせて頂きます。

↓天井&屋根支援 報告専用メールアドレス↓
iori_shien_0510@bastet-k.com
(12/2 緊急支援終了のため、上記アドレスは廃止致しました。)
※メールの「件名」は変更しないように、お気をつけ下さい。
また、上記アドレスは今回の緊急支援に伴う報告専用です。
それ以外の用件やご質問に関しましては、承りかねます。
別件・ご質問等は、「生全寺掲示板」へお願い致します。



※通信欄に記入が可能であれば、「天井・屋根支援」、
「天井・屋根」など一言お書き添え頂けますと助かります。

支援金のお振り込み先
【郵便振替口座】
口座番号/01710-6-40233
加入者名/さるこのいおり

【金融機関口座】
福岡みやこ農業協同組合/本所
口座番号/(普)0000534
口座名義/さるこのいおり

お山のうりうり君

uriurikun_1.jpg uriurikun_2.jpg
uriurikun_3.jpg uriurikun_4.jpg
去年の4月、お山に捨てられていた子です。
身も心も健康で、人が大好きといった様子でした。
それが5月の連休には餌場に姿を現さなくなり、5月の下旬に再び会えた時は別人のように痩せ細って顔面が歪んでいました。ご飯を食べたくても食べられない様子で、このままでは餓死する寸前だったと思います。
その日そのまま保護して病院へ連れて行った所、やはり顎の骨が折れてずれていました。事故にあってから時間が経って居たようで、骨が腐って一部分無くなっている 状態でした。
すぐに手術をして2週間程そのまま入院しましたが、その時は一生どろどろの状態のものしか食べられないと言われました。
(最初の手術だけでは回復は難しかった為)その後、(やっと見つけた)整形外科専門の獣医に診察して頂き、4回手術を受けました。そのお陰でカリカリも食べられるようになり、身体もふくふくとなりました。

ただ、ここの所膀胱炎を起こしたり、吐き気が出たりで通院が続いています。夏の始め頃からは口の痛みが出始めました。途中、歯も悪くなり、他県の病院へ半年間の通院が続きました。

性格はとても穏やかです。
最初の入院中から、お見舞いに行った時にはお山のうりうり君はダンスが大好きでした。
♪お山のうりうり君、う~りうり、う~りうり♪
と歌いながら脇の下を持ってあげると、手を広げて踊ります。メロディーは昔のTV番組「カックラキン大放送」の中で研ナオコの「なぞなぞ虫がやってくる」です。余談になりましたが・・・

うりうり君だけで、手術代と入院費合わせて45万円程かかりました。これだけの医療費をかけてあげれたのは皆様のお陰です。
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。