スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛光夢、里親募集中止

この度、愛光夢の里親募集を中止させて頂くことになりました。詳しくはこちらをご覧下さい。

そのため、募集用に用意したページである「愛光夢の日々」も、今後は記事の更新はありません。愛光夢の今後の庵での日々は、「庵日記」の「わんs」にて更新していきますので、ご了承下さい。
スポンサーサイト

愛光夢~床ずれ・その後~

ただ今、愛光夢コーナーの掃除中。
手前に見える赤いモノは、かかさんの足。
掃除中はこうしてずっと、二段ベッドに避難している愛光夢に付いていてあげます。
airin_puupu090425.jpg
一緒に写っているのはお坊ちゃま猫の「ぷうぷ」。


「僕の事もかまって下さい。」
airin_puup090425_2.jpg
愛光夢の床ずれは、2つあった傷口の内、1つは完治し、残った一つも、じきに良くなるだろうと診断されました。これも、皆様の応援やアドバイスと、現地の頑張りのお陰です。
ありがとうございます。


愛光夢、もうちょっとで痛いのがなくなるからね。

愛光夢~床ずれ~

先ごろ、愛光夢の床ずれ用に物資のお願いを出させて頂いたところ、ちこべいさんから床ずれの治療を行なった経験をお知らせ頂きました。アドバイスの内容は、
【マットの床ずれが当たる部分をくり抜き、洗浄用の水をガーゼに含ませて患部を綺麗した後、動物病院からもらったゼリー状のものを患部が隠れる位たっぷりと浸し、その上からサランラップをつけ、ガーゼで覆う。】
というものでした。
とても参考になる経験だったので早速かかさんに知らせた所、お礼の文章が届きました。
nafuda_airin20080816.jpg
ちこべい様

貴重な体験談をお知らせいただき、ありがとうございます。
同じ床ずれの治療でも、医者の方法によっては効果が全く違う事を体験しました。こういう違いは他の治療においても有り得る事だと思います。

今、庵のホームドクターをして下さっているT先生は、こういう主旨の事を仰って下さります。
----------------------------------------------------------------------------------------------
「長生きすること=価値がある」ではなく、床ずれが出来る状態まで長生きできる事に価値がある。何故なら、そこまで寿命をまっとうできるのは、本人の生命力と、周りの家族の接し方が良かったからと考えられるのではないでしょうか。
----------------------------------------------------------------------------------------------

そう考えると、ちこべいさんの家のわんこさん達も、ちこべいさんに会ってこその生涯だったと思います。庵でも、そうした人とにゃんこ、わんこ達との生活を目指しています。
どうぞこれからもアドバイスを頂けたらと願っています。



追伸:
今日、病院に行ったところ、愛光夢の床ずれの経過は順調だと言われました。庵で行なっている治療法は、教えていただいたアドバイスとほとんど同じだと思います。あとは、+愛情、ひたすら愛情です。私の愛情が枯れないよう、また時々アドバイスをお願いします。

かか
airin_kaigo090520.jpg

愛光夢~近況~

おしっこウンチに出た間に徘徊しつつ、偶然ハウスイン!くつろいでいます。
多分、此処に来る前はこうやって犬小屋で寝ていたんだと思います。(コメント=かかさん)
airinhouse090316.jpg

最近、うんちをふんばる力が弱くなってきたので、(指でほじって)出してあげています。
愛光夢の身体が汚れないように・・ (コメント=かかさん)
airin_090418.jpg

愛光夢&ぎゃてぃ
airin_gyatexi_090418.jpg

愛光夢~お掃除タイム~

お掃除タイム。毛布に包まれたら安心して眠れるみたいです。(か)
airin_moufu_090418.jpg

お掃除タイムの続き。 あっちの方へ行って、戻ってくる時にすっかり忘れて踏みそうになっちゃいました。「ごめんね、愛光夢」
airin_moufu_090418_2.jpg


たくさんの病気を抱えている愛光夢ですが、束の間でも安心して眠れるようになって本当によかったと思います。
今の所、まだ愛光夢の里親になりたいという問い合わせは来ていませんが、身体の事を考えると、一日も早く安心して暮らせる暖かい家庭が見つかってほしいと思います。
愛光夢の里親になってもよいという方、是非お問い合わせをお待ちしています。

愛光夢~お掃除中&おやすみ~

愛光夢コーナーが掃除中だったので、ベッドに入ってもらいました(か)

なんか、いつもと違う?

airin_090310_1.jpg


その夜。
きれいにしてもらったコーナーの毛布で気持ちよさそうに眠っています。
おやすみ、愛光夢。
airin_sleep_090310.jpg

看病

愛光夢とまかぽたらっちのとてもほほえましい光景です。

まかぽたらっちが、今日も愛光夢をせっせと看病します。(か)
090225_airin10_0225.jpg


090225_airin11_0225.jpg

愛光夢~御飯と抱っこ~

老化の症状に伴い、上手く食べることが出来なくなってきました。カリカリ(肝臓サポート)をふやかしたり、レトルトやCIAOをかけたり、色々工夫してお腹に入るよう努力しています。
airin_090225.jpg


愛光夢を抱っこして手で食べさせてあげているところです。

以下はかかさんから頂いたコメントです。
--------------------------------------------------------------------------

この格好は好きみたいで、少し落ち着いています。今は徘徊があるので、少しでも落ち着けたら良いです。(か)
090225_airin_3.jpg


やっとぐるぐる(徘徊の事です)が終わって眠りました。ホルモンの異常からくるおでこ状態も、毎日の塗り薬のお陰で皮膚がサラサラになってきました。写真撮影時、「ウハァ~ン」と寝言を言っていました。(か)
090225_airin_4.jpg

安心したように眠っています。美味しいものでも食べてる夢をみているのかな。

愛光夢~こたつ~

梅組のこたつ(本当は猫用として設置されているものです)に入り込んで、手だけがニョキッ。airin_kotathu1.jpg

めくってみたら愛光夢がいました。 ホルモンバランスが崩れているせいかな。
皆でせっせと手当てしてあげているのですが、顔の怪我がなかなか治らずに痛々しいです。

怪我が早くよくなりますように・・・

airin_kotatsu2.jpg

昨年末に撮影した1枚。 目が見えない愛光夢がつまづいてこぼさないように、水置き場も工夫しています。
airin200811.jpg

夢ままさんから送付頂いたコルクマットは、ご説明頂いたようにしばらく外に干してから敷く事にします。
現地から写真が届きましたら、またこちらにてお知らせします。

愛光夢~毛布Part2~

滑り止めのふかふか毛布と、ちょっと広くなったスペースはなかなか快適なようです。今日は、猫のなかよしさんが遊びに来ています。

moufu_airin20090120.jpg

moufu_airin20090120-2.jpg

手前のコタツも、愛光夢のお気に入りの一つ。身体が苦しい分、身の回りに少しでも多くの「快適」を増やしてあげたいです。 愛光夢は殆ど声を出さない子ですが、気持ちが和んでいる時、「あおあお~ん」と鳴きます。愛光夢コーナーに居れば他の犬達にちょっかい出されないから安心出来るみたい。

愛光夢~毛布~

愛光夢(あいりん)は高齢の為、足の筋肉が弱くなっています。

更に、愛光夢が暮らす梅組の床は、木材のために滑りやすく、
歩いているなと思っても、気がつくと急にペタンと座り込んでしまう事があります。

その為、少しでも歩きやすくなるようにと考えて、愛光夢コーナーを設置する夜間のみ、コーナーの内側にペットシーツを敷いて対応していました。コーナーを外している昼間は敷く事が出来ない事、夜だけとは言っても高価なペットシーツを毎日敷くのはもったいないという思いもありましたが、余分な毛布を洗う事が出来ない状況と、愛光夢の股関節への影響を考えた場合、やむを得ない事でした。

昨年末の愛光夢コーナー。仲良しの「まかぽたらっち」と一緒に。
airin_makapotaracchi20081128.jpg
けれど、その状況が1月に入ってから一変しました。
ひむ太郎のダーナーさんが、新しい乾燥機を送って下さったためです。
これによって、愛光夢の足元にも、常時、滑り止めの毛布を敷く事が可能になりました。
以下はかかさんから頂いたコメントです。
--------------------------------------------------------------------------
新しい乾燥機が届いた後からは、足がすべらないように昼間から毛布を敷いてあげる事と、それをまめに替える事が可能になりました。毛布の洗濯が追いつかなかった時は、してあげたくても躊躇していた事です。
さらに愛光夢コーナーをちょっと広げてあげて、一歩前進!!(か)
--------------------------------------------------------------------------
airin_moufu200901.jpg
良かったね、愛光夢。

愛光夢~御飯~

最近、体重が軽くなってきたのが、抱っこした感触で判るようになりました。
食べている御飯の量は同じなのですが、これも老化現象の一つかもしれません。
もっとも体重が軽い方が心臓には良いんだけど・・・。
※ちなみに愛光夢が食べているのは「肝臓サポート」です。
IMGP3327airin.jpg
愛光夢の寝姿を見る度に、まるで「疲れ果ててその場に倒れ込んでしまった」という印象を受けます。たくさんの病気を抱えていて身体がしんどいのでしょう。
一日も早く安心して暮らせる暖かい家庭が見つかりますように。

愛光夢~お友達~

年末辺りから、愛光夢の専用コーナーに「まかぽたらっち」が一緒に入っている事があります。
時々愛光夢を舐めてあげたりして、ちょっといい感じ。
やっとお友達が出来て良かったね。
まかぽたらっち
makapotaracchi20081002.jpg

愛光夢の第三の眼、こっちの方が判り易いですね。
早く治りますように・・・
airin_makapotaracchi20081125.jpg

今年は、素敵な里親さんが見つかる事を祈っています。
愛光夢に安心して暮らせる家が見つかりますように・・・

愛光夢~第三の眼~

先日、愛光夢のおでこが赤くなっていました。
パッと見ると第三の眼みたいな感じ。
普段見ている限りでは何かにぶつかった様子もないけど、もしかして夜の間にどこかにぶつけたのかと心配して、体操のお兄ちゃんが専用スペースを囲うサークルの角を新聞紙でカバーしたりしていましたが、どうやらホルモンバランスが崩れた事でイボが出来て、それが傷のようになったようです。
今はせっせと傷薬を塗ってあげています。
airin20081125_me.jpg

愛光夢には色々な症状が起きます。
最近、高齢に伴い少しぼんやりしてきたとは言え、痛かったり苦しかったりする感覚は多分そう変わらないだろうと思うと、せつないです。

愛光夢~専用コーナー~

他の子達とテンポが違うのか、何処に行っても同室の犬や猫達に追い払われてしまう愛光夢。吠えられて仕方なく他の所へ移動すると、そこでも「あっちに行け!」と追われてしまう事も多いです。

先日も書きましたが、愛光夢は最近筋力が衰えてきていて、歩いている途中で、急にペタンとへたり込んでしまう時があります。だから少しでも運動をさせてあげたくて昼間は自由に歩かせています。梅組には出来るだけ誰かしら居るようにしているので(病気で目が離せない子が多いから)何か起きそうな時はすぐに守ってあげられるから。
airin200809_senyou.jpg
でも、スタッフの居なくなる夜だけは専用コーナーを作ってもらいます。
せめて眠る時は安心して居られるように。

愛光夢~ペタン~

最近、足の筋肉が弱ってきた愛光夢。
ウッディコーナーを歩いていても、急にペタンと座り込んでしまったりします。
老化の進行を抑えるサプリをあげていますが、それでももう、余り長い距離は歩けなくなってきました。
airin20080708.jpg

今の所、まだ愛光夢の里親になりたいという問い合わせは来ていません。
条件の悪い子だから難しいのだと思います。
それでも身体の事を考えると、
可能ならずっと室内で過ごさせてもらえる家に行かせてあげたいと思います。

愛光夢の里親になってもよいという方、是非お問い合わせをお待ちしています。

愛光夢~フィラリア~

多分、フィラリアは他の犬達より重いです。
病院からもらってきている薬を例にあげると、和顔が1日に1/2錠なのに対して愛光夢は1錠必要だから。
でも、以前行った咳止めの治療が体質に合っていたらしく、現在咳はほとんど出ない。それが何よりの救い。咳は苦しいし体力を奪う。夜中に咳が出ると眠れないし情けないしホント辛いから。それが無いだけでも良かったと、心から思います。
airin20080909.jpg
こたつ大好きな愛光夢。
耳と目も辛そうです。

愛光夢~目~

愛光夢の目は片方がドライアイ、もう片方が白内障の進行した状態。
多分ほとんど視力はありません。

「多分」の理由は、顔の周りに人の手が来ると何となく反応するから。
ボンヤリとした影のようなものが見えるのか、手の匂いに反応しているだけなのかは判りません。ウッディコーナーに設置した、愛光夢用のスロープをすぐに見つける事が出来ない事を考えると、やっぱり見えていないのかも・・・
airin20080816.jpg
今は朝晩2種類の点眼薬を使用中。
特に、ドライアイは充血や目やにだけでなく、放置すると眼圧が上がって目玉が飛び出してきてしまうという怖い症状を招く為、朝晩は必ず点眼しています。

愛光夢~マラセチア~

愛光夢はここに来た時、すでにいくつか持病がありました。
その内の一つがマラセチア。
これは健康な動物にも寄生している常在菌で、通常は悪さをする事はありませんが、
抵抗力が落ちている子の場合は炎症や痒みにつながり、掻きこわした所から二次感染を引き起こす事もある病気です。
IMGP3354airin.jpg
症状が軽ければすぐに治るようですが、愛光夢の場合は大分症状が進行した状態だったので、未だに点耳薬の投与を続けています。付け方は簡単で、朝晩一日二回、薬をつけて耳をクチュクチュもんであげるだけ。
早い内にこの治療を受けられたら良かったのにね。
プロフィール

さるこの庵

月別アーカイブ
検索フォーム
経緯・支援について
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。